寒川版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

みんなの花火募金始まる 11・8へ協力呼びかけ

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
「今年もよろしくお願いします」と実行委
「今年もよろしくお願いします」と実行委

 今年第3回目となる「寒川みんなの花火」が11月8日(土)の開催に向けて準備が進められている。「花火」の運営資金は募金や協賛によって賄われており、同実行委員会(今井裕樹実行委員長=写真前列右)では、今年も募金活動を始めた。昨年と同じく町内200カ所に募金箱を設置し、精力的に協力を呼び掛けていく方針だ。

イベント充実

 自分が寄付したお金で上がる花火を、町内の思い思いの場所で見上げる――寒川独自の花火の楽しみ方が確立された昨年、そして今年は過去2年より駅前公園でのイベントを充実化し、さらに楽しくなりそうな予感が漂う。

 今年も一般社団法人寒川青年会議所・寒川町商工会青年部・寒川町さがみ農協青年部の町内3団体から代表で集まったメンバーが実行委員会を組織。昨年よりもさらに楽しめるイベントを実現しようと、早くから企画を練り、活動を始めた。「昨年は多くのご協力をいただき、ありがとうございました。皆さんからの募金で成り立っているイベントです。今年もよろしくお願いします」と今井委員長は話している。

 当日は午前10時から「第3回寒川みんなの花火まつり〜神奈川のどまんなか祭り〜」を開催。現在ボランティアスタッフを募集中。問合せは同実行委員会ホームページ「みんなの花火」で検索、または【FAX】0467・74・5396へ。
 

寒川版のトップニュース最新6

一斉消灯の儀式が文化財に

一斉消灯の儀式が文化財に 文化

寒川神社伝統の追儺祭

1月8日号

18議席に23人出馬準備

18議席に23人出馬準備 政治

2月7日投開票の町議選

1月8日号

悪疫よ去れ

悪疫よ去れ 文化

寒川神社の名物ねぶた

1月1日号

コロナ対策多角的に

木村町長インタビュー

コロナ対策多角的に 社会

一変した暮らし、もうすぐ1年

1月1日号

町長インタビュー

デニムと伝統融合

一之宮の工房ACRAFT

デニムと伝統融合 文化

寒川東中出身・清水葵さん

12月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク