寒川版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

和菓子実演に歓声 15周年の冨士美寒川店で

社会

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
細かい作業に拍手も
細かい作業に拍手も

 和洋菓子の小売店「湘南 冨士美」(伊與田弘一代表取締役) の寒川一之宮店で、4月11日と12日に和菓子の実演が行われた。

 これは同店の15周年を記念し、実施されたもの。1日目は最中「極上名奉行」を実演。丹波産2Lサイズの大納言と氷砂糖で作られたあんこを入れる工程を行い、試食で来客者に提供していた。2日目は店頭で「黒糖どら焼き」を実演。波照間産黒糖を使用した皮をその場で焼き上げ、北海道産小豆のあんこを入れる工程まで行った。

 両日実演した上生菓子では、細かい模様に「わぁ、すごい」と歓声に拍手も。宮山在住の母娘は「こんなに近くで見られて良かった。模様の付け方がきれい」と話し、はとこ同士で来店した女子小学生らは「出来立てを初めて食べた。すごく美味しい」「自分でも作りたくなった」と話していた。

 この2日間で約400人が来店。15周年記念で販売した菓子の詰合せ「宝箱」は開店15分で完売し、大盛況をみせていた。同社の伊與田弘一社長は「素材にこだわっています。今後も皆様に喜ばれる商品を提供していきたい」と語った。

寒川版のローカルニュース最新6

4月下旬にワクチン到着

4月下旬にワクチン到着 社会

寒川にはまず1箱(975回分)

4月16日号

耳を澄ませば「加山さん」

浜降祭は今年も中止

剣の舞

花彩る神前

剣の舞 文化

4月16日号

寒川の課題聞き取る

寒川の課題聞き取る 文化

JCが町長訪問

4月16日号

江戸時代の一之宮村へ

4月24日(土)

江戸時代の一之宮村へ 文化

4月16日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter