寒川版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

町長選レポート 現職優勢だけが理由か 歴史的低投票率30.16%

政治

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
当日夜、再選を喜ぶ木村氏(左)
当日夜、再選を喜ぶ木村氏(左)

 8月30日に投開票された寒川町長選挙は、現職の木村俊雄氏が圧勝した。「無投票阻止」を掲げた石黒昭雄氏の出馬もあり無投票は避けられたが、盛り上がりに欠ける選挙戦に。しかし、ある程度予測されていたこととはいえ、史上最低の投票率30・16%という数字は異例である。関係者は「現職優勢」を低投票率の理由に挙げるが、実際には町が抱える根本的な問題が影響したことは否定できない。

 1回目の速報で予想通り現職が大きくリードし、10数人いた観覧者は皆席を立った。午後10時30分の2回目の速報で当選確実が出た開票所。誰もいない観覧席で記者は考えた。「現職優勢だけが投票率が低かった原因なのだろうか?」

 記者が寒川編集室に着任した年の秋、驚くような出来事があった。新年号の恒例企画である町長インタビューについて、事前に質問事項を打診したときの話だ。『ツインシティー構想について』という項目について、町は「これは新年に相応しい内容ではない」と撤回を要求してきたのだ。

 新年号というのは、きわどい質問を多用するより、新春らしく明るい未来を語ってもらえる内容を主とするもの。この観点から寒川町にとってツインシティー問題が相応しくないと、記者はその当時理解できないでいたとともに、町側の異例の対応に驚いたことが忘れられない。

 新幹線新駅設置が決定していない現状、計画は立てられない―寒川町内では、これは仕方のないこととされている。神奈川県は相模川に架かる『ツインシティー橋』の建設を決め、ツインシティーのパートナーである平塚市もまちづくり計画を策定した。県は計画の立たない寒川町を非難した。しかし、どうにもならないのである。周辺自治体と一体となって勝ち取った新幹線新駅という権利は、今や設置場所の寒川町にとっては重荷と化してしまった。

 今回の選挙で、町の将来を考え、強い意志を持って挑む新しい候補者は現れなかった。ツインシティー問題に劇的な解決策は望めない。これだけが町の問題というわけではないが、これが現状だ。こうした町の空気の淀みがもたらした低投票率―そう考えたくもなるような無人の開票所で、開票機のカタカタという乾いた音だけが空しく響いていた。

補選は岸本氏が圧勝
補選は岸本氏が圧勝

寒川版のトップニュース最新6

海外からも依頼

寒川町在住Tomoさん

海外からも依頼 文化

5月2日のイベントで似顔絵も

4月30日号

倉見駅近くまで完成

自転車道

倉見駅近くまで完成 スポーツ

2025年度までに一之宮へ

4月30日号

5月8日(土)天才万博

1万平方メートルの天然芝に整備

1万平方メートルの天然芝に整備 スポーツ

川とのふれあい公園内

4月16日号

気候非常事態宣言

寒川と茅ヶ崎

気候非常事態宣言 社会

風水害にも関連

4月16日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter