寒川版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

生命の大切さ みんなで実感 旭小で「いのちの授業」

教育

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
児童は新たな気持ちで動物たちとふれあった
児童は新たな気持ちで動物たちとふれあった

 旭小学校で2月22日、全校道徳の時間に「ペットの命はだれのもの」と題した授業を行った。授業を受けた児童は、昼休みの動物との「ふれあいタイム」で新たな気持ちで犬や猫とふれあっていた。

「清川しっぽ村」の協力で

 日本では年間10万頭以上の犬や猫が殺処分されているというが、神奈川県では各種団体・ボランティアとの協働で、2014年度に動物保護センターに収容された犬猫の殺処分ゼロを実現。この結果の一助となる活動をするNPO法人「清川しっぽ村」を今回の授業に招いた。

 殺処分される犬猫を救いたいと活動する「しっぽ村」は、里親探しや不妊・去勢手術を行うほか、福島県飯舘村などに出向いて犬猫の保護活動に尽力している。

 授業当日はスライドを使って「しっぽ村」にいる動物の様子、県保護センターの仕組みなどを説明。同法人の松木彰詞さんが登場し、「しっぽ村」の様子を紹介し、仕事の苦労話や嬉しかった話などを披露した。また、寒川町内在住の里親もペットと一緒に授業に訪れ、インタビューに応じた。

 自らこの授業を行い、児童に生命の大切さを説いた山本博司校長は「バーチャルではなくリアルにこだわった」とし、この授業形態を採用。「しっぽ村の活動の様子や、動物たちの変容、そして里親として引き取られた方の覚悟と家族になった動物たちの嬉しそうな様子を直に見て、命の持つ尊さを感じるとともに、優しい心を持って友達や家族、動物たちに接してほしい」と話した。

 また、神奈川県動物愛護推進の応援団長を務めるタレントの杉本彩さんから、旭小の児童に向けたメッセージが紹介された。

寒川版のトップニュース最新6

小動の小さな名所に

サザンビーチ名付け親

小動の小さな名所に 文化

前頭側頭型認知症と生きる中村さん

7月10日号

地元寒川のエール形に

地元寒川のエール形に スポーツ

五輪へ加速 畠山選手の練習場

7月10日号

畠山さん五輪代表内定

「出るからにはメダルを」

畠山さん五輪代表内定 スポーツ

6月26日号

「ダイヤ大山」来年こそ

「ダイヤ大山」来年こそ 文化

夏至の日没、寒川の新名物に

6月26日号

JX金属が学習マンガに

JX金属が学習マンガに 経済

学研の「銅のひみつ」

6月12日号

町発案「進捗見える化」

町発案「進捗見える化」 社会

10万円給付金申請

6月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク