寒川版 掲載号:2016年10月21日号
  • LINE
  • hatena

社協に人型ロボット寄贈 寒川ロータリークラブ

社会

寒川RC中村会長(左)と社協の高橋伸隆会長
寒川RC中村会長(左)と社協の高橋伸隆会長

 寒川ロータリークラブ(中村光良会長・以下寒川RC)が人型ロボット「パルロ」を寒川町社会福祉協議会に寄贈した。受け取った社協は早速、倉見福寿会でロボットのデモンストレーションを行った。

 寒川RCでは、2015年10月現在、総人口に占める高齢者の割合が26・7%と、年々増加の一途をたどっている現状、深刻化していく高齢化に対して、国の対策を待つだけではなく、地域が率先してできることからアクションを起こそうと考えた。そこで、社協を通して町の地域サロンに、人間の言葉をよく理解し、積極的に話しかけながら会話することができるコミュニケーションロボット「パルロ」を提供することを決めた。積極的に介護予防・認知症予防を目指す。

 「パルロ」は、人工知能テクノロジーで情報を蓄え、様々な人とコミュニケーションがとれる会話ロボットであり、ゲーム、ダンス、介護予防体操、クイズ、音楽とレパートリーは多種多様。幅広い年齢層、要介護度の「ある・なし」にかかわらず、どんな集まりにも対応可能で、笑顔と会話を導き出す「一人の人間以上の存在」になってくれるという。

 寒川RCでは、この取り組みを今年度の重点事業と位置付けており、寄贈するのみならず、「パルロ」の町内への普及を広く行うという。メンバーが地域担当制を敷いて施設に直接出向くなど、高齢者施設との関わりを深めていく方針を固めている。

倉見福寿会でデモンストレーション
倉見福寿会でデモンストレーション

寒川版のトップニュース最新6件

寒川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク