寒川版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

寒川町商工会青年部の部長に就任した 三留 栄二さん 三留不動産(株)代表取締役 36歳

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

足元をしっかり固めて

 ○…5月22日付で部長に就任。約6年前に部を再編成してから、まだ歴史の浅い青年部の現状としては、試行錯誤の連続という状態が続いている。寒川町の商工会青年部は事業と研修を行っており「人数が少ないことで、部員の負担が大きくなるが、花火大会の協同運営などをきっかけとした「子供達の笑顔」を大切にしたい。その為にも、まずはしっかりと足元を見つめて、基礎を固めていきたい。これから長いあいだ青年部は続いていくわけですから」と運営方針を語る。

 ○…まず着手するのは部員の拡大。現状で28人の部員数を更に増員する目標を立てているが、既に増員の目途はたっているそうだ。「人が多ければ意見も多く出るようになり、活性化する。青年部が楽しい、やりたい、ということで、部員自身の事業所活性化につなげていくことが大事」と話し「それが寒川町全体の活性化にもつながっていく」と未来を見据える。数年後には卒業部員が集中する年もあるようで、いまから対策に余念がない。

 ○…「超」がつくほどの慎重派。『石橋を叩いて渡る』という言葉があるが「石橋を叩き過ぎて壊さないように注意しています」と笑う。部員との対話を重ね、今後の活動方針を導き出した。力を入れていくのは研修事業。「地方から来て寒川に仲間がおらず、商売についてアドバイスし合える仲間を必要とするような人も入部してくる。情報の共有化という意味でも研修に力を入れていきたい」と足元を固めて青年部の良さを部員に伝えていく構えだ。

 ○…寒川生まれの寒川育ち。不動産業を営み、消防団に所属するなど、まるまる1日休める日は少ないという。そんな毎日の息抜きはサーフィン。「青年部で小規模ながら部活動をしています。上手な人は少なくて、みんな浮いているだけですけど」と笑わせるが「これも立派なコミュニケーション」と胸を張る。若手部長躍動の2年が始まった。

寒川版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

佐藤 龍二さん

「高座」のこころ。実行委員会委員長

佐藤 龍二さん

一之宮在住 33歳

4月1日号

右城 栄一さん

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人

右城 栄一さん

小谷在住 84歳

3月18日号

平 静夫さん

寒川町盆栽会代表で、初心者向け講座(町民センター)で教えた

平 静夫さん

倉見在住 75歳

3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook