寒川版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

茅ヶ崎署管内 特殊詐欺が県内最多 「異常事態」と注意喚起

社会

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 今年茅ケ崎警察署管内で発生した振り込め詐欺などの「特殊詐欺」が、件数、被害額ともに県内最多となっている。

 1月から5月18日現在までに発生した特殊詐欺の認知件数は55件(前年同期比34件増)。被害額は約1億2591万円(同約5730万円増)にのぼる。

 同時点までの県全体の認知件数は671件(同259件増)、被害額は約15億4357万円(同約2億7600万円増)。

 茅ケ崎署管内は半年経たない内に昨年の発生総件数64件に迫る勢いで、続く大和市の40件、6100万円とも大差があることなどから、「異常事態」として危機感を高めている。

 茅ケ崎警察署管内で発生した特殊詐欺55件の手口の内訳は、「オレオレ詐欺」42件、「還付金詐欺」9件、「架空請求」4件。中でも、息子などの身内や親しい友人などを装って金銭を要求する「オレオレ詐欺」の被害が、件数、被害額ともに目立っている。

 特殊詐欺を担当する同署生活安全課によると、「会社のお金を紛失した、事故を起こした、といったパターンは今でも多い。しかしまだひっかかってしまう人がいる」という。

 同署では、生活安全課を中心に、防災無線やイベントなどで、繰り返し注意喚起しているという。

 「郵便局、株の権利売買、還付金、直接顔を合わさないお金の話は全て詐欺と思ってほしい。不審に思ったらすぐに連絡を」と同署。問い合わせは【電話】0467・82・0110へ。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook