寒川版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

茅ヶ崎署管内 特殊詐欺が県内最多 「異常事態」と注意喚起

社会

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 今年茅ケ崎警察署管内で発生した振り込め詐欺などの「特殊詐欺」が、件数、被害額ともに県内最多となっている。

 1月から5月18日現在までに発生した特殊詐欺の認知件数は55件(前年同期比34件増)。被害額は約1億2591万円(同約5730万円増)にのぼる。

 同時点までの県全体の認知件数は671件(同259件増)、被害額は約15億4357万円(同約2億7600万円増)。

 茅ケ崎署管内は半年経たない内に昨年の発生総件数64件に迫る勢いで、続く大和市の40件、6100万円とも大差があることなどから、「異常事態」として危機感を高めている。

 茅ケ崎警察署管内で発生した特殊詐欺55件の手口の内訳は、「オレオレ詐欺」42件、「還付金詐欺」9件、「架空請求」4件。中でも、息子などの身内や親しい友人などを装って金銭を要求する「オレオレ詐欺」の被害が、件数、被害額ともに目立っている。

 特殊詐欺を担当する同署生活安全課によると、「会社のお金を紛失した、事故を起こした、といったパターンは今でも多い。しかしまだひっかかってしまう人がいる」という。

 同署では、生活安全課を中心に、防災無線やイベントなどで、繰り返し注意喚起しているという。

 「郵便局、株の権利売買、還付金、直接顔を合わさないお金の話は全て詐欺と思ってほしい。不審に思ったらすぐに連絡を」と同署。問い合わせは【電話】0467・82・0110へ。

寒川版のローカルニュース最新6

たくましい子に育てよう

家庭教育講座

たくましい子に育てよう 社会

5月14日号

中央公園脇、午前中が見頃

心合わせて、ジャンプ

川とのふれあい公園で大会

心合わせて、ジャンプ スポーツ

5月14日号

夢の「人工フォアグラ」

夢の「人工フォアグラ」 文化

ベンチャー企業が研究開発

5月14日号

行政手続押印、8割廃止

茅ヶ崎市

行政手続押印、8割廃止 社会

6月末までに

5月14日号

天才万博

おもちゃ箱のよう

天才万博 教育

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter