寒川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

茅ケ崎警察署管内 今年も詐欺被害頻発

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 茅ケ崎警察署管内で、振り込め詐欺などの特殊詐欺が頻発している。管内では昨年の認知件数が105件と2011年の記録開始以来過去最多、県内でも2番目に多かった。今年もすでに前年同期に迫る件数となっており、同署は対策強化を急いでいる。

 全国的に被害が拡大している特殊詐欺。すでに今年も同署管内での認知件数が、1月時点で昨年の8件に対し9件、2月も昨年の6件に対し3件となっている(2月19日時点)。

「キャッシュカード手渡し型」が多発

 特殊詐欺の手口の中でも、被害が著しく増加し、危険度も高いとされているのが「キャッシュカード手渡し型」だ。犯人が直接カードを取りに来るのが特徴で、同署管内でも今年の特殊詐欺被害12件中9件がこの手口による。

 同手口は金融機関など第三者を挟まないため、被害が発覚しにくいという。同署は「警察、カード会社、どんな相手であれ、カードを取りに来ること、暗証番号を聞かれることは絶対にない。『引き落としできない』『カードが不正利用されている』など言われると動揺してしまうかもしれないが、このことを肝に命じてほしい」と力を込める。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook