寒川版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

産婦人科に女性医師招き新体制 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【4】 「地域の女性のかかりつけ医に」 産婦人科 木崎尚子医師

 茅ヶ崎徳洲会病院では今年1月から産婦人科に待望の女性医師として木崎尚子医師を迎え入れた。同院では、総合病院には珍しく、産婦人科の専用外来を設けている。「来院される方の不安に少しでも寄り添えれば」と木崎医師は話す。

 妊娠、出産の予定や経験を問わず、全ての地域の女性を受け入れる産婦人科。同院では、10代から80代以上まで、幅広い患者層が来院し「些細な悩みであっても、気軽に受診してほしい」と呼びかける。

 婦人科受診と聞くと”足を開いて診る””器具を入れる”と想像する人も多いが、実際は「まずはしっかり来院者の方の話を伺うところから。安心して」と木崎医師は笑顔を見せる。

更年期症状・月経異常別疾患のサインも

 近年、婦人科分野で特に多い来院理由は、「更年期症状」だという。気分が落ち込む、疲れやすい、少し動いただけで汗が止まらない…。これらは更年期症状のサインとも言われる。「基本的に45〜55歳が更年期ですが、症状も状態も、対応方法も様々。また、これらの症状は、ほかの精神疾患などの兆候にも当てはまります。気になる症状があれば、来院してほしい」

 誤解も多いのが「月経異常」だ。生理痛の重さなど、月経の状態は人と比較しにくいため、何が異常か判断しにくい。「生理不順や月経異常は、妊娠の可否を判断するものだけではなく、婦人性疾患が隠れていることも。若い方に限らず、御年輩や経産婦の方にも多い誤解」と説明する。

 「地域の女性の方がなんでも相談できるかかりつけ医を目指したい」【取材協力・茅ヶ崎徳洲会病院】

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院

茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-58-1311

http://www.chigasakitokushukai.jp/

寒川版のピックアップ(PR)最新6件

寒川町で新築分譲住宅販売中

申告の注意点を説明

知っておくべき税制改正

「痛みと不安の荷を下ろす」

肩・腰・膝・スポーツ障害

「痛みと不安の荷を下ろす」

5月25日号

介護福祉士実務者研修

働きながら学べる「通信制」

介護福祉士実務者研修

5月25日号

軽減税率が分かるセミナー

消費税10%まで1年4カ月

軽減税率が分かるセミナー

5月25日号

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク