寒川版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

湘南地域県政総合センターの所長に就いた 丸山 尚子さん 厚木市在住 58歳

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena

地域に根差す心意気

 ○…「大山に江の島、相模国一之宮などがあり、歴史的にも多くの人が集まる所。今後さらに盛り上がっていく地域だと思います」。4月1日付で子どもみらい担当局長から県の出先機関へ異動。本庁と管内5市3町をつなぐ橋渡し役として湘南地域のサポートの舵取りにあたる。「新たな観光の核づくり」や2020年東京五輪・パラリンピックに向けたセーリング競技会場の整備といった交流人口の増加を図る事業が目白押しだ。

 ○…静岡県出身。進学先の神奈川で生活者に密着した仕事がしたいと公務員に。子どもや青少年の育成、男女共同参画などに携わり、平塚にあった県の消費生活センターに勤務。思い入れのある地域が再び職場となり、「ホームに戻ってきたよう。ここでやりがいのある仕事ができることが嬉しくて」と瞳を輝かせる。

 ○…働き方改革のパイオニアでもある。「保育園をはしごして」3人の子を育てた。定時で上がるために常に中身の濃い仕事を意識してきた。「上司や先輩に支えてもらったおかげ。仕事だけでなく、子どもがいたから楽しいこともあり、夢中になってやって来られました」と振り返る。男女ともに家庭と仕事が両立できる働き方に向けて管理職の意識改革が必要だと説く。自立した子どもたちとは趣味のトレッキングや山登り、サッカー観戦を一緒に楽しむ仲だ。

 ○…県政を担う立場として市町や住民の声に耳を傾け、ニーズを把握することの重要性をますます強く感じるという。共生社会の実現を目指す「ともに生きる社会かながわ憲章」の普及啓発など取り組むべき課題もある。「鳥獣害対策や環境などセンターの仕事はオールマイティ。現場に足を運び、この地域を担当できる機会を県政に生かしたい」と抱負を語る。

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook