寒川版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • hatena

JAさがみ 「農業を守り抜く」 総代会で決意表明

社会

総代会の様子
総代会の様子
 JAさがみ(大川良一代表理事組合長)は5月25日、株式会社の株主総会にあたる総代会を開いた。大川組合長は、新協定TPP11の閣議決定など農業・農政の情勢に触れ「農業への厳しさは増すことが懸念されるが、このような時こそ農業の大切さや素晴らしさを守り抜かなければならない」と決意表明した。

 昨年度JAさがみは、「持続性のある『さがみ農業』の維持発展」をテーマに、都市農業振興戦略「みどりの仲間プラン」に基づき、営農指導や相談活動を強化し、出向く営農活動(TAC)の充実や農業塾の開校などにより、多様な担い手への指導に取り組んだ。また、営農台帳管理システムを導入したことで、新規出荷者掘り起こし、販売力の強化などを行った。

 大川組合長は「食と農を基軸とし、地域に根差した協同組合として、総合事業の利点・強みを生かし、役職員一丸となって事業展開を行っていく」と意気込みを語った。

 総代会には、2017年度の事業報告、18年度の事業計画の設定についてなど5つの議案が提出され、管内の7市1町(藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町、綾瀬市、大和市、鎌倉市、座間市、海老名市)から書面決議を含む950人の総代が出席し、可決した。

 また、この日は、都市農業の振興にすぐれた業績をあげた優良農業者4人と組織役員として組合の発展に尽くした農協事業貢献者37人を表彰した。

寒川版のローカルニュース最新6件

寒川版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク