寒川版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

高座のこころ 職員一丸で プロジェクトチーム始動

経済

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
町ブランドの新グッズを着用したメンバーが勢揃い
町ブランドの新グッズを着用したメンバーが勢揃い

 寒川町は、町のブランド「『高座』のこころ。」に沿って町民の幸せや誇りにつながる施策の創造等を行う一つの手法として、各部各課を超えた若手職員で構成される合計28人でプロジェクトチームを結成した。

 チームは4人1組を基本とした中長期チーム(町の新たな魅力創造や既存施策の見直し等)と短期チーム(デザインの可視化や庁舎のクリーン化等)で構成し、マーケティングマネージャーとともに施策の企画、具現化に取り組む。

 木村俊雄町長は「ブランディングの目的は、町としての魅力や付加価値を上げること。職員一丸となって進めたい。町民の幸せと誇りにつながる施策の創造に期待している」と話した。

 また、役場内での町ブランド共有として、職員のポロシャツとネックストラップを作成した。ポロシャツは職員が自主製作し、毎週水曜日を一斉着用日にする。色は白・黒、紺の3色。ネックストラップはブランドのメインカラーであるブラウンを基調とし、全職員に配布された。

ポロシャツとネックストラップを作成
ポロシャツとネックストラップを作成

寒川版のトップニュース最新6

小動の小さな名所に

サザンビーチ名付け親

小動の小さな名所に 文化

前頭側頭型認知症と生きる中村さん

7月10日号

地元寒川のエール形に

地元寒川のエール形に スポーツ

五輪へ加速 畠山選手の練習場

7月10日号

畠山さん五輪代表内定

「出るからにはメダルを」

畠山さん五輪代表内定 スポーツ

6月26日号

「ダイヤ大山」来年こそ

「ダイヤ大山」来年こそ 文化

夏至の日没、寒川の新名物に

6月26日号

JX金属が学習マンガに

JX金属が学習マンガに 経済

学研の「銅のひみつ」

6月12日号

町発案「進捗見える化」

町発案「進捗見える化」 社会

10万円給付金申請

6月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク