寒川版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

次世代の企業人を育成 小学生がビジネス体験

経済

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
賞品の説明をする子どもたち
賞品の説明をする子どもたち

 ビジネスの面白さと大変さを学ぶ「ビジネス体験隊!みんなで会社つくります!」が8月8日から11日まで、茅ヶ崎市役所と近くのイオン茅ヶ崎中央店で行われた。

 「こっちの名前の方がいいよ」「こんなデザインはどうかな」―。市役所の会議室に若き起業家たちの活発な意見が飛び交う。会社の設立から商品の企画・販売まで、すべて子どもたちが行う「ビジネス体験隊」。13回目を迎える今年は、茅ヶ崎市と寒川町に在学・在住の小学5・6生56人が参加した。

 体験初日。子どもたちは各班の社長や宣伝担当などの役割を決定。自分たちが選んだ商品の客層や値段などの市場調査をもとに、カードケースやコースターなどの商品を企画した。”お客様に満足してもらえるように”という意味の込められた会社名「サティスファイカンパニー」や、「世界に1つだけのバッグをあなたに」という商品のキャッチコピーなど、それぞれのアイデアを形にしていった。

 ビジネス体験では、スルガ銀行株式会社茅ヶ崎支店の協力のもとで融資を受け、販売後は資金を返済し、最終的に収益を分配するところまで行う。慣れない体験に戸惑う場面もあったが、子どもたちは協力して乗り越えていった。

 最終日のイオン特設ブース。商品が並べられ、開店準備を終えた子どもたちは緊張した面持ちで買物客を迎えた。来場者数は200人。完売した班も売れ残った班もあったが、売り上げは全部の班が黒字を達成した。梅田小6年の川崎遥斗君は「融資を受けたり、自分で物を売ったり。初めての体験ばかりで大変だったけど、完売した時はとても充実した4日間だったと思った」と達成感を露にした。主催者の一人は「この経験をぜひ将来の道に活かしていってほしい」と話した。

寒川版のローカルニュース最新6

子どもの夢に最大5万円

子どもの夢に最大5万円 文化

NPOが「こどもファンド」開始

5月13日号

「誰もが体験できる」農園

小谷の柳下さんが運営

「誰もが体験できる」農園 社会

投げ銭型、短時間、一組交代制

5月13日号

南部公民館で防災気象講座

南部公民館で防災気象講座 社会

6月11日 受講者募集

5月13日号

「やさしさと力強さ、知れた」

商工会女性部が40周年

「やさしさと力強さ、知れた」 経済

5月13日号

シャクヤク全国へ

シャクヤク全国へ 社会

大谷芍薬園「朝5時から収穫」

5月13日号

暴力団排除を訴え

暴排協と警察署

暴力団排除を訴え 社会

懸垂幕を設置

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook