寒川版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

(PR)

65歳以上は補助金も 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【8】 インフル予防接種専門外来を開設 感染対策室 牧口ゆかりさん

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

 高い感染力で高熱・関節痛などを引き起こすインフルエンザ。茅ヶ崎徳洲会病院では流行期前に10月16日(火)から、インフルエンザ予防接種専門外来を開設した(祝祭日除く火・木・土14〜16時)。同院感染管理認定看護師・牧口ゆかりさんに接種の重要性について聞いた。

「インフルの重症化なんで怖い?」

 インフルワクチン接種の最大の目的は“重症化”を防ぐこと。流行を問わずその効果は同様。「身近な病気ですが、肺炎や急性脳炎、入院や死亡リスクも」と牧口さんは警鐘を鳴らす。見えない体内へのダメージの蓄積も重症化の怖さ。「5日寝こむと10歳年を取った感覚に。体力回復状態を鑑みても、症状緩和は大きい」と呼びかける。

「これまでかかったことないから大丈夫?」

 「感染・発症リスクは生活習慣や環境などで変わりますが、絶対にかからないとは言えない」と牧口さん。

 また、注意が必要なのは、身体年齢と生理機能の低下は比例しない点だ。「生理機能の低下は経年に伴うもの。『昔より疲労が体に出やすくなった、風邪などの症状が残るようになった』といった方は注意が必要です。特に65歳以上の方は持病持ちの方同様、重症化のリスクが高いため気を付けて」

 ワクチンの効果は約5〜6カ月続くため接種時期は11月上旬〜中旬がベストとのこと。「初診関係なくお受け頂けます。気軽に来院を」【取材協力・茅ヶ崎徳洲会病院】
 

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院

茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-58-1311

http://www.chigasakitokushukai.jp/

寒川版のピックアップ(PR)最新6

自宅で確定申告作成

自宅で確定申告作成

e-Taxの利便性

2月21日号

ひな祭り雛人形展

ひな祭り雛人形展

盛岩寺(せいがんじ) 「昭和文化館」

2月21日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

ギックリ腰・骨盤や脊髄の歪み・手足のしびれ・冷え性などを改善

2月7日号

e―Taxで簡単

確定申告

e―Taxで簡単

ID・パスワード 事前取得を

2月7日号

「地元で集客・営業」と「ボディーランゲージ」

藤沢法人会 お役立ちセミナー

「地元で集客・営業」と「ボディーランゲージ」

1月24日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月24日号

軽減税率制度の疑問を解決

消費税引き上げ

軽減税率制度の疑問を解決

事業者向けの無料相談会

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク