寒川版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

「現代版画の可能性」スタート 市美術館で2月3日まで

経済

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
作品の前に立つ小野さん
作品の前に立つ小野さん

 茅ヶ崎市美術館(東海岸北)で来年2月3日(日)まで、「版の美III 現代版画の可能性」展が開催されている。

 開館20周年を迎え、1年を通じ版画に関する企画展を開催している同館。今回は戦後から現代までに制作された木版画を中心に、館所蔵の約200点を展示する。

12月16日にアーティストトーク

 特別展示は、若手アーティストとして注目を集める小野耕石さん(39)。同館での展示は初で、12月16日(日)には小野さん自ら作品の解説などを行う「アーティストトーク」が開催される。午後2時から。申し込み不要、参加無料(要観覧券)。

 小野さんは岡山県出身で、東京造形大学を経て東京藝術大学版画科を修了。シルクスクリーンの手法で数十、数百と刷り重ねたインクの柱をもとに、平面のみならず、立体やインスタレーションなど版画の概念を覆す作品を手掛ける。今年は『モネ それからの100年』の展示作品も話題を呼んだ。

 今回、5mを超える大作『波絵 Namie』のほか、『Hundred Layers of Colors』シリーズや立体作品も展示する。小野さんは「ぜひ版画に対するイメージをふくらませて来てほしい」と笑顔で呼びかけた。

 開館は午前10時から午後5時(入館は4時30分)まで。観覧料は一般200円、大学生100円、高校生以下は無料。

寒川版のローカルニュース最新6

七夕歌踊ショー

七夕歌踊ショー 文化

7月3日開催

6月24日号

風景印 新デザインに変更

寒川駅前郵便局

風景印 新デザインに変更 社会

6月24日号

バイク事故防止呼びかけ

バイク事故防止呼びかけ 社会

茅ケ崎署などが啓発活動

6月24日号

花苗3150株を植栽

寒川ライオンズクラブ

花苗3150株を植栽 社会

6月24日号

海開きぞくぞく

ひらつかは水質「AA」

海開きぞくぞく 社会

6月24日号

SDGsは“生活の質”を高めてくれるもの

〈冨永 愛さんスペシャルインタビュー〉

SDGsは“生活の質”を高めてくれるもの 社会

6月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook