寒川版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

ありのままで ゆるく繋がる”ごちゃまぜーしょん” 社会福祉法人 翔の会

 茅ヶ崎市・寒川町で介護・看護・障害者・児童支援などを行う社会福祉法人翔の会。27年目を迎える同会が掲げる新たな“合言葉”は『ごちゃまぜーしょん』だ。国籍・性別・身体の特徴・考え方…みな違うのは当たり前。分かり合うとまではいかなくてもいい、それぞれの違いを知ること。「ありのままでいいじゃない」な、ゆるい繋がりから成り立つ社会が『ごちゃまぜーしょん』だ。

気軽に過ごせる居場所づくり

 今、地域で最も『ごちゃまぜーしょん』な場所の1つが、同会が運営する「A・UN」。介護老人福祉施設、生活介護事業、就労支援、保育園、児童発達支援センターからなる複合支援施設で、文字通り0歳から100歳以上までが1つの施設で日々を過ごしている。

 1階の「カフェあうん」は一般にも開放されている、街のあらゆる人が集う憩いの場。定番の「鬼瓦コーヒー(200円)」や、人気メニューは「日替わり定食(550円)」など。夏は涼しく冬は暖かい木のラウンジで、1人で、夫婦で、子連れで、車いすで、みな思い思いにくつろぐ『ごちゃまぜーしょん』なカフェだ。

 また、毎週金曜日には午前10時から「あ・うんプチマルシェ」を開催。地元の採れたて野菜などを販売する青空市で、保育園や児童発達支援センターの子どもたちが店員を務めることも。

 「ありのままで居られなくなりそうな時、困った時、自分のこと、周りのこと、なんでも気軽に話しに来てもらえる場所でありたいですね」

~誰もが地域で暮らせるために~ 社会福祉法人 翔の会

本部)茅ヶ崎市芹沢786 ちがさきA・UN)茅ヶ崎市今宿473-1

TEL:0467-54-5424

http://www.syonokai.jp/

寒川版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

寒川版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク