寒川版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

平成から令和へ 寒川神社 奉祝公演で700人を魅了

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
初めて一般に公開された伝統神事の「田打舞」 =4月13日町民センター
初めて一般に公開された伝統神事の「田打舞」 =4月13日町民センター

 五穀豊穣を願う寒川神社(利根康教宮司)の伝統神事「田打舞(たうちまい)」が13日、初めて一般に披露された。町民文化センターに集まった観客約700人が、黒と白の面をつけた翁(おきな)の舞に魅了された。

 新元号「令和」が4月1日に発表され、30日には天皇が退位する。5月1日に改元され新天皇が即位したあと、宮中では内外に即位を宣言する重要な儀式などが続く。

 毎年秋に行われる新嘗祭は一世一度の新天皇による「大嘗祭」となる。そのため同社では「このような慶事を前に初心に立ち返り、我が国の伝統文化を見つめ直そう」と、大嘗祭とも関連のある田打舞の公演を奉祝行事として企画した。

 この日の公演で披露された田打舞は、神殿での奉納の様子が忠実に再現されたもので、太鼓と笛、神楽歌に合わせた2人の翁による踊りがおよそ45分間にも及んだ。

 累代の神事奉仕者と神職が黒と白の面をつけて翁に扮し、1年間の米づくりにまつわる9つの神楽歌に合わせて狂言の要素を含む舞を披露した。

 田打舞の公演に続く第2部では「これからの子どもたちに伝えたいうた」をテーマにコンサートも行われた。童謡・唱歌歌手の、そがみまこさんをはじめ、尺八、箏、バイオリン、ピアノ奏者も招き、花や四季、日本の風景にちなんだ懐かしの童謡なども披露された。

 舞台の終盤では、1977(昭和52)年から続く寒川神社少年館に通う子どもたち20人も舞台に上がり、「手のひらを太陽に」などを手話付きで披露し大きな拍手を浴びていた。

平成3年に再興

 寒川神社の田打舞は、毎年2月17日に斉行される祈年祭で奉納される神事。今年も神社関係者により執り行われた。

 明治から昭和にかけてたびたび伝承者が途絶えたが、平成3年に神社関係者や神事奉仕者、有識者らによって再興されたという。

 田打舞を奉納する祈年祭は、1年間の五穀豊穣と産業の発展を祈る祭典で、宮中の賢所(かしこどころ)や伊勢神宮など全国の神社でも行われている。

寒川神社少年館の子どもたち
寒川神社少年館の子どもたち

寒川版のトップニュース最新6

5年後に実施へ

小中学校完全給食

5年後に実施へ 教育

概算建設費は「約26億円」と試算

5月17日号

運動で町をひとつに

3連勝中チャレンジデー

運動で町をひとつに スポーツ

5月29日、広島・三次市と対戦

5月17日号

倉見で一部着工へ

相模川自転車道さがみグリーンライン

倉見で一部着工へ 社会

県先行整備、年度内に500m供用

5月1日号

「高座」のこころ。も協力

ARKLEAGUE

「高座」のこころ。も協力 スポーツ

町公式インスタも活用

4月19日号

休日・夜間救急 新体制に

休日・夜間救急 新体制に 社会

平日・土曜夜間の受診も

4月5日号

「さむラジ」本放送開始

「さむラジ」本放送開始 社会

「地域活性化の一助に」

4月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク