寒川版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

(PR)

80歳以上は2人に1人に潜在性 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【12】 「忍び寄る」前立腺がん 泌尿器科 立川隆光院長

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 ここ10年で男性がんの罹患数1位まで一気に拡大した前立腺がん。その原因と対策について、茅ヶ崎徳洲会病院の日本泌尿器科学会専門医の立川隆光院長に聞いた。

 中高年の男性が注意すべき病として知られ、加齢によりホルモンバランスが変化することが原因の1つ。60歳以上になると罹患率が高くなり、80歳以上は2人に1人が潜在性があるといわれる。

 現在、全体の罹患者は20年前の約10倍の10万5千人。死亡者数も来年には約2倍の1万5千人に達するとの予想が出ている。立川院長は「別の原因で亡くなり、後からの調査で前立腺がんの罹患が確認された方も多い」と説明する。

PSA検査で早期発見のカギ

 早期発見、治療が大切だが、前立腺がんは初期の自覚症状がほぼない。立川院長は「前立腺がんは忍び寄るがん。排尿時の痛み、尿が出にくいなどの症状は初期より進行してから。悪化すると臀部や骨への転移もある」と懸念する。一方で「ほかのがんと比べ、発生してから10〜20年の間は進行が遅く、早期発見が肝となる」と力をこめる。

 これまでの触診や超音波検査に代わり、従来よりも発見精度が高いとして主流となっているのが、血液採取によるPSA検査だ。「見えない予兆を探るために、検査がある。気軽に受診してほしい」と笑顔を見せた。【取材協力・茅ヶ崎徳洲会病院】

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院

茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-58-1311

http://www.chigasakitokushukai.jp/

<PR>

寒川版のピックアップ(PR)最新6

「あなたの街の身近な法律家」

無料法律相談会

「あなたの街の身近な法律家」

司法書士に相談しよう

9月20日号

キャッシュレスで売上UP

キャッシュレスで売上UP

10/18 専門家が解説

9月20日号

県がLINE相談窓口開設

子育てやひきこもりなどでお悩みの方

県がLINE相談窓口開設

9月20日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

放置せず専門医へ相談を

9月6日号

「働き方改革」のポイント

セミナー

「働き方改革」のポイント

経営者、人事担当者は必聴

9月6日号

抗がん剤の副作用

健康講座

抗がん剤の副作用

9月17日(火) 平塚共済病院

9月6日号

建替え、新築、賃貸住宅の不安を解消

JAと積水ハウス共催

建替え、新築、賃貸住宅の不安を解消

 新築物件見ながら相談を 8月25・26日 完成現場見学会

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク