寒川版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

寒川の北部・南部公民館でバドミントンを教え続ける 佐藤 藤男さん 一之宮在住 81歳

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

やる気の灯火 お裾分け

 ○…公民館でバドミントンを教え続け8年。手ほどきを受けた町民も相当な数に上るだろう。中学や高校でも出前指導し、地元クラブの代表も務める。指導でこだわるのは試合に勝つことではない。挨拶や仲間同士の声かけ、人の話を聞くといった基本姿勢だ。受講生の年齢も幅広い。「若い人には追いつけない、自分の健康作りになるからやってます」と苦笑い。教え子たちが和気あいあいとしている姿を眺めるのが醍醐味だ。

 ○…大分県日田市生まれ。小学2年で竹槍を握り、藁人形に突進した思い出がある。授業は時折先生から黒板消しやチョークが飛んでくる厳しいもので、頭が痛いと言って登校をしぶった。そんなある日、下校中に出会ったのが一匹の仔犬。親を説得し、世話と勉強をさぼったら犬が捨てられる条件で飼い始めた。仔犬が懸命に「お座り」を覚えるのを見て、自分も机に向かうようになり、いつしか仔犬の愛称は「師匠」になった。その後も専門学校で学び、技術者だった父と同じ道へ。川崎の部品工場で長年ロボットなどの修理を担当した。バドミントンは40歳の頃に同僚と始めた。工業地帯はクラブ活動も盛んで、他社選手の試合を観て研究したという。

 ○…75歳まで働き、今は一人暮らし。壁には2年前に他界した妻・照子さんが微笑む。料理も洗濯もやった事がなかった。「女房を、おいとかお前とか呼んでいた。大切さが分かった」とつぶやく。好きな卵焼きを作っても妻の味にはならない。「自分にはこれから先がないから、何か残したい。佐藤が生きていた頃はこんな事があったと、誰かの思い出になるような」。心は長い坂道を登っている最中だが、杖がわりにラケットを握っている。小さな師匠が灯してくれたものは消えていない。

寒川版の人物風土記最新6

山本加代子さん

秋の防火活動に取り組む女性防火クラブの委員長を務める

山本加代子さん

一之宮在住 59歳

11月15日号

村田 洋介さん

「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた(株)ムラタで社長を務める

村田 洋介さん

一之宮在住 45歳

11月1日号

川上 彰久さん

寒川の347社が加盟する公益社団法人 藤沢法人会の会長を務める

川上 彰久さん

鵠沼藤が谷在住 69歳

10月18日号

藤田 綾菜さん

若手ダンスグループ「MINX!!」で振り付けを担当する

藤田 綾菜さん

寒川町在住 24歳

10月4日号

熊野 海さん

ベルリンから寒川町に移住した画家

熊野 海さん

岡田在住 36歳

9月6日号

杉崎 桃子さん

ニュースキャスターやイベントMCなどとして働く

杉崎 桃子さん

寒川町在住 21歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

寒川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク