寒川版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

「聖地」寒川への道まず足元を固めたい タウン・レポート

社会

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
本紙記者(42)も体験足腰が鍛えられる感覚
本紙記者(42)も体験足腰が鍛えられる感覚

 中央公園にあるBMXコース「パンプトラック」がきょう、1周年を迎えた。うねるような2種のコースはBMXが東京五輪の種目になることや、地元出身・畠山紗英選手(寒川出身)の国際大会での活躍にもちなみ、スポーツ推進の一環で設置された。自治体の常設としては全国初として記者発表し注目を集めた。

 町はストリートスポーツを移住・定住促進戦略の一翼としており、4月には世界大会「アークリーグ」を招致した事も記憶に新しい。報道による宣伝効果は「広告換算で2億円以上」(町担当課)という。再選を果たした木村町長は3期目の所信表明で「ストリートスポーツの聖地化」を掲げており、担当課は次回開催を目指して関係者と調整を続けている。

 行政主導で大会誘致や施設整備は進んだが、ストリートスポーツに関する町内の気運はどうだろう。パンプトラックに限って言えば、利用数は町外からを中心に延べ4千人を超えたものの、町内の利用者登録は224人にとどまる。世界大会の盛り上がりを一過性にしないためにも、町内の小中高校や企業・団体等に対して協力をあおぎ、クラブ活動や福利厚生に取り入れてもらう等の働きかけが不可欠といえる。車両の購入補助なども検討してほしい。

 町民参画を促すうえで重要なのが、ストリートスポーツと無縁に見える中・高年齢層の取り込みだ。BMXの正しい乗り方とコツを覚えれば十分楽しめるし、現に60歳代の利用者もいるという。接点が増えるだけで世代間交流につながるかもしれない。木村町長みずからBMXに乗り、メディア取材を受けるだけでも啓発効果大と思うのだがいかだだろう。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

寒川版のローカルニュース最新6

一之宮でこんもり

 原田氏の作品も

蔵や町家などを活用 21〜23日 寒川在住

 原田氏の作品も 文化

11月20日号

河川敷に浮かぶ5千本

寒中に五輪選手来場

スケルトン中山選手・水泳三井選手

寒中に五輪選手来場 教育

11月20日号

地元中学生力作ずらり

掘り出し物あるかしら

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク