寒川版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

創立60周年を迎えた「野ばら文化会」の会長を務める 土屋 トミ子さん 倉見在住 73歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

奉仕生きがい「おせっかい婆」

 ○…昭和30年代に「婦人の地位向上」を掲げて発足した野ばら文化会。短歌や詩を学び続けて60年と、数ある団体の中でも歴史は長い。最近は若手の入会者がなかなか増えず「改革しなきゃ」という思いに駆られている。10年前に自身が入会した頃、心の内にあるものを詩にして吐露することに「こんなのでいいのか」とためらいもあった。「ありのままでいいんだよ」。講師の言葉が今も背を押してくれる。

 ○…小動の農家に生まれ、よく両親に茶やおにぎりを届けた。父の名言は「人に優しく接すれば、お天道様が見ている」。寒川中を経て高校は聖園女学院(藤沢)へ。シスターのいる校舎や、憧れの可愛い制服、奉仕を大切にする校風に憧れた。進学を許してくれたのも父だった。日産の座間工場に就職した後、上司の紹介で同僚だった夫と結婚。ゆえに自家用車はずっと日産だ。3人を育てたお母さんのこだわりは、とことん一緒に遊ぶこと。網を片手に近くの小川でドジョウやフナを追いかけた。一面の田畑だった自宅周辺は、ここ数年で新興住宅街に一変したが、転入した人たちには「こんにちは」と積極的に声をかける自称「おせっかい婆」。民生委員を12年、国際交流協会での手伝いや介護施設でのボランティアも続ける。

 ○…詩作にふけるのは家族が寝静まったリビングで。指で五七五七七を数え、昼間の記憶をもとに作品に紡いでゆく。目久尻川の朝の散策路には詩作のヒントがたくさん転がっている。水面スレスレを飛ぶカワセミを見た朝は、一日中明るい気持ちでいられる。仲間と詩集を作り上げ、図書館や公民館などにも贈ってきた。その1冊には寒川で採れたての幸せがぎっしり。おすそ分けに余念がない。

寒川版の人物風土記最新6

大山 貴子さん

大山 貴子さん

一之宮在住 43歳

4月3日号

戸塚 雄治さん

藤沢小売酒販組合寒川支部の支部長になった

戸塚 雄治さん

宮山在住 56歳

3月20日号

三村 陽子さん

町の子育て世代包括支援センターで母子保健コーディネーターとして働く

三村 陽子さん

寒川町役場勤務 43歳

3月6日号

高橋 克実さん

気象予報士・防災士として「風水害から命を守る」と題して講演した

高橋 克実さん

宮山在住 30歳

2月7日号

清田光男さん

寒川神社商工奉賛会で会長を務める

清田光男さん

一之宮在住 80歳

1月24日号

佐藤 正憲さん

寒川青年会議所の新理事長となる

佐藤 正憲さん

小谷在住 39歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク