寒川版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

気象予報士・防災士として「風水害から命を守る」と題して講演した 高橋 克実さん 宮山在住 30歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

日々の天気はドラマ

 ○…天気予報士の試験は合格率5%の難関だ。13回の不合格を経験してもあきらめず、3年前に夢をかなえた。自室の本棚は科学の専門書で埋め尽くされており、苦節を物語っている。小さな机でパソコンの衛星画像を開き、今年の暖冬について語り始めた。天気図を指でなぞりながら「今年は偏西風の蛇行が…」と目を細める姿は、愛らしい何かを撫でるよう。気象の何が好きか聞くと「単なる『晴れマーク』にも隠れたドラマがあるんです」とにんまり。

 ○…相模川近くの農家に生まれ、親子の間でも農作物の話題がのぼる。少年時代はよく河原の石を持ち帰って調べた。当時の思い出といえば、寒川小時代にテレビで見た北海道・有珠山の噴火や寒川中時代に10個の台風が到来した年のこと。「なぜこんな現象が」という疑問がモチベーションになり東海大の自然環境関連学科へ進学。キャンパスで学ぶうち「何事も自分の目で確かめる」が座右の銘になった。

 ○…今は農業系団体で野菜の出荷作業などに携わる。仕事柄、農業関係者から霜や雪が降るか聞かれるといい「予測が難しくて」と苦笑い。休日には自転車で江ノ島まで出かける。海に着いてもやはり空に目が行ってしまうらしい。携帯電話を開くと、美しい「彩雲」や波打つような「アスペリタス波状雲」など撮りためた画像が続々。

 ○…昨年の台風19号では母校に避難した。「特別警報はただ事じゃないと。初の経験です」。1月には平塚で台風のメカニズムなど講演する機会もあった。地元に向けてこう語る。「日ごろからハザードマップをチェックし、気象に関心を持ってほしい。備えられる時から備えてほしい」。何事も自分の目で見極めて動く、その姿勢は少年時代からぶれていない。

寒川版の人物風土記最新6

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

若林 隆さん

「おいしいおかえし」を主催する、寒川町料理飲食業協会の会長を務める

若林 隆さん

寒川駅前「巴屋」勤務 52歳

7月24日号

井上 晋一さん

寒川ロータリークラブの新会長に就任した

井上 晋一さん

倉見在住 60歳

7月10日号

渡邊一三さん

寒川ライオンズクラブの新会長に就任する

渡邊一三さん

寒川町倉見在住 74歳

6月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月28日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク