寒川版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

自宅で多くのメダカを飼育し、町民センターの飼育講座でも教える 宮下洋さん 一之宮在住 77歳

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena

メダカに囲まれて幸せ

 ○…水の入った黒い容器。その上を撫でるように餌を散らすと、無数のメダカが浮き上がり、賑やかに水面を揺らした。「臆病でね、か弱い生き物ですよ」。餌のやりすぎや水温変化には特に気を使う。コツを聞くと「1日3回は観察することです」。昨年から町民センターで子ども向けに飼い方を教えているが、今年は新型コロナの影響で中止に。子どもたちには最後まで面倒をみる責任、池や川に放ってはいけない鉄則など、伝えたいことは山ほどあった。

 ○…新潟県上越市出身。冬は豪雪に閉ざされスキーしかできない分、春の喜びはひとしおだった。虫を追い、植物好きの親と山菜採りをした少年時代。理系科目が得意で地元の化学工場に就職した。融雪剤の製造部門で材料の化学反応をチェックしたり、製品の試験や販売指導のため北海道から沖縄まで飛び回った。茅ヶ崎への転勤を機に職場結婚し、寒川に居を構えた。庭にはサツキの鉢が並び、日本皐月協会平塚支部の支部長の肩書ももつ。10年前に趣味で盆栽店に通っていたところ、たまたま店で売っていたメダカを見つけ、それ以来愛好家の世界にどっぷりはまった。

 ○…これから待望の産卵期がやってくる。手をかけすぎてもいけない難しさと、育てがいを実感できるシーズン。面白くないのは、メダカを食べに来る野鳥の存在だ。「あいつらは…」と語る横顔から笑みが消え、口元が「一」にかわった。10品種以上いるという飼育容器は玄関先に20個は並び、ベランダにもずらり、まさにメダカの家だ。2人の息子さんはあまり関わろうとしないが、孫が来るとメダカを持たせて帰らせる。「女房には文句を言われるけど、はまっちゃうとね」。愛を注ぐ忙しさで外出している暇はない。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

寒川版の人物風土記最新6

落合 洋司さん

5月2日に中央公園で開催「さむかわ音楽ひろば」を準備してきた

落合 洋司さん

岡田在住 48歳

4月30日号

佐藤 彩さん

100人のお産ウェブ写真展を開いている

佐藤 彩さん

岡田在住 41歳

4月16日号

井上 浩子さん

バルーンアーティストで、公民館での講座やイベントで活動する

井上 浩子さん

宮山在住 63歳

4月2日号

木村太郎さん

寒川青年会議所の理事長となる

木村太郎さん

岡田勤務 39歳

1月8日号

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢・茅ヶ崎・寒川の労働組合組織「連合神奈川湘南地域連合」の議長に就任した

鈴木 桂(かつら)さん

藤沢市土棚勤務 49歳

12月18日号

星 さおりさん

南部公民館でディンプルアートの講座を開いた

星 さおりさん

倉見在住 48歳

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter