寒川版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

「おいしいおかえし」を主催する、寒川町料理飲食業協会の会長を務める 若林 隆さん 寒川駅前「巴屋」勤務 52歳

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

町の灯 消してたまるか

 ○…「店を閉めるかもしれない」。緊急事態宣言の時に飲食業の知人から言われた。頭をよぎったのは、夜の寒川町から灯が消えてゆく光景。外出自粛中は自分の店もきつい状況だった。4月から料理飲食業協会の会議を重ね「おいしいおかえし」企画を練り上げた。企画ポスターや冊子の準備などを重ねるうち、今まで知らなかった店主たちの人柄やお互いの店の魅力が分かったという。「みんなアクティブな人たちばかり。意見をまとめてもらい、助けてもらった。この絆を大切にしたい」と話す。

 ○…そば店に生まれ育ち、朝の仕込みや営業時間の関係で小さいころから朝夕食の時刻が遅かった。寒川中時代は弁当が時々豪華なカツ丼になり、教室で注目の的になった事も。野球部にあこがれて名門・横浜商業高に進学するも、想定外のボート部に入り部長として練習に没頭した。繁華街の川を漕いで下り、海原に出て氷川丸を見上げた。桜の花びらが浮かんだ水面も懐かしい。

 ○…飲食の道を志し大手ファミレスや仏料理店などを経て、埼玉のそば店で修業。師匠がそばを打つ時はなぜか歌を口ずさんでいた。「きそばの『き』は生きるの意味なんです。人と同じように、優しくしてあげないと」。実家を継いだ今でも師にならい、そば打ちの際はバラード曲を流す。そして念じるのは「おいしくな〜れ」。

 ○…家業を継ぎ、店にバイトに来ていた奥さんと結婚し、三人の女の子に恵まれた。子育ての終盤に入り、待っていたのがコロナ渦というまさかの急坂。子どもたちの発案でお客さんに丼を持参してもらい、茹でたてを入れるテイクアウト作戦も試した。後押しを背中に感じながら「時々尻も叩かれる」。汗がにじむ顔に笑みが絶えない。

寒川版の人物風土記最新6

鶴岡 義彦さん

日本一のスイセンの町にする会の会長を務める

鶴岡 義彦さん

岡田在住 77歳

10月23日号

根岸君子さん

寒川俳壇に所属、非営利団体による俳句勉強会(11月)で講師を務める

根岸君子さん

宮山在住 89歳

10月9日号

原田 暁さん

よこはま動物の森公園で開催中の「森Lab」でアートを展示する

原田 暁さん

小谷在住 63歳

9月25日号

藤澤 真美さん

住宅街の一角でパン作りを教える

藤澤 真美さん

倉見在住 47歳

9月11日号

勢登 土志夫さん

湘南遺産に登録された水道記念館(宮山)で館長を務める

勢登 土志夫さん

横浜市在住 68歳

8月28日号

橋口泰子さん

国際ソロプチミスト寒川の新会長となった

橋口泰子さん

茅ヶ崎市在住 74歳

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク