寒川版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

「D1」に寒川の2チーム参戦 ドリフトの最高峰へ

スポーツ

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
4月下旬、滋賀県でのD1大会で白煙を上げる山口さん
4月下旬、滋賀県でのD1大会で白煙を上げる山口さん

 タイヤから吹き出る白煙。滑る車体を操る絶妙なハンドルさばき。ドリフト走行のかっこ良さを競う国内トップクラスのカテゴリー「D1グランプリ」に、寒川町倉見を拠点にするチームが出場を続けている。

 競技は車の速度や角度、安定性などを機械などで採点。1台で走る「単走」や上位者同士が2台ごとに走り技を競うトーナメントもある。

 倉見を拠点にする山口孝二さん(42 歳・アルパインスターズ・リンロン・Gマイスター)は参戦6年目の選手。20代の頃から下部クラスでレース活動を始め、現在は車の外装関連の会社を経営しながらD1に参戦している。昨年度は車が3回転するクラッシュにも見舞われながら参戦し、年間ランキング23位だった。乗り込むマシンは日産シルビア。「D1は選手と観客との距離が近いのが醍醐味。車のフィギュアスケートとも言えるこの世界を盛り上げたい」と話す。

 倉見を拠点にするもう一つのチームが「チーム・モリ」だ。10年ほど前から出場しており、2018年にはチームでシリーズ5位を獲得した強豪。工場内にはトヨタマークIIと、トロフィーの数々があった。ベテランのチームオーナー(匿名)と埼玉在住の選手とのタッグが光るが、地元でのメディア露出は控えているという。4月24・25日の開幕戦・第2戦(滋賀県)ではチームランキング9位と、好調な滑り出しだ。

 シリーズは秋までの計10戦が予定されている。

ハンドルを握る山口さん
ハンドルを握る山口さん

寒川版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月27日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook