寒川版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

なぜ「自由診療入れ歯」なんですか? 患者と寄り添い「後悔しない治療」目指す

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「笑顔を取り戻すお手伝いがしたい」と平野院長
「笑顔を取り戻すお手伝いがしたい」と平野院長

 日々の健康に欠かせない「食」。いつまでも好きなものを美味しく食べることは、心身の健康維持に欠かせない。その時に忘れてはいけないのが「歯」の健康。高齢者を中心に「ずれない、痛くない、よく噛める『いい入れ歯』」として注目されているのが「自由診療入れ歯」だ。湘南でいち早く自由診療入れ歯に特化した治療方針を導入し、入れ歯治療6千件を超えるひらの歯科医院に、「自由診療入れ歯が選ばれる理由」について話を聞いた。

―保険診療入れ歯との違いを教えてください

 保険診療入れ歯は長年使い続ける想定ではないんです。わかりやすい違いは使用できる材料が限られたもののため壊れやすかったりします。また、患者さんの口に合う細かい調整の対応が難しく、「痛い、噛めない、はずれる」理由となってしまうこともあります。

―自由診療を「オーダーメイド」と表現する歯科医院もあるそうですね

 噛み合わせやお口の動かし方など細かく確認しながら製作し調整を行いします。患者さんにかけられる時間も大きな違いです。

―平野院長が自由診療入れ歯に力を入れる様になった理由とは

 元々大学では歯の欠損などを補う歯科補綴学(ほてつ)を専攻していました。高齢化が進む中で、何歳になっても美味しく食べ続けたいという患者さんの助けがしたいと考えていたからです。一方、流れ作業にもなりがちな保険診療では、叶えられる患者さんの願いに限界があった。入れ歯が完成し装着していただいた時「大丈夫」という感想に違和感を感じても、その対応に充分時間を取れない時もあったんです。患者に寄り添わずして、歯科医として満足する仕事は続けられないと考えました。

喜ぶ入れ歯を作りたい

―ひらの歯科医院のプライドとは

 患者さんが喜ぶ入れ歯を作りたい、という思いと、そのために重ねてきた努力は負けないという自負があります。当院では「患者さんの気持ちに寄り添う」ことに特に力を入れています。自分の状態が一番分かるのは患者さん自身ですが、その不快感を理解し受け止め、説明し、信頼関係を築く所から始めています。感染症対策として取り入れた電話でのカウンセリングも好評です。

高齢社会の希望の光として

―自由診療入れ歯が「高齢化社会の希望の光になる」と言われています

 10年程前と比較しても高齢化率は高まっています。歯科治療もここまでの患者の高齢化を想定していないものも多く、例えばインプラントも骨の状態や、全身の健康状況によってできないケースもあります。自由診療入れ歯は、より広いケースをカバーできることから注目が集まっています。

 お陰様で当院を「入れ歯の駆け込み寺」と称して下さる方もいます。「他院で無理だと言われた」「いくつかの歯科を巡ったがしっくりこなかった」という方や「家族が入れ歯で苦労している」といった方も、まずはご相談いただければと思います。患者さんの心からの笑顔の手助けができれば何よりの幸せです。

医療法人社団湘仁会 ひらの歯科医院

藤沢市菖蒲沢611-1/Pあり/『宮の腰』バス停徒歩1分

TEL:0466-49-1382

http://hirano-dc.kamu-come.com/

寒川版のピックアップ(PR)最新6

「知らなきゃ損する相続のお話」

公開セミナー&無料相談会

「知らなきゃ損する相続のお話」

宅建協会湘南支部 5月27日に開催

5月13日号

税のセミナーと記念講演会

藤沢法人会だより

税のセミナーと記念講演会

5月13日号

インボイス制度説明会

事前予約制 藤沢法人会だより

インボイス制度説明会

4月29日号

インボイス制度説明会

事前予約制 藤沢法人会だより

インボイス制度説明会

4月15日号

くらしの相談会を開催

弁護士、税理士が無料でアドバイス 湘南労福協

くらしの相談会を開催

〜ひとりで悩んでいませんか?〜

4月1日号

学習キットを寄贈しました

社会貢献活動 藤沢法人会だより

学習キットを寄贈しました

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook