寒川版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

産後のサポート施設誕生 「孤育て」させない母子の駆け込み寺に

コミュニティ社会

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
上/離乳食を頬張る乳児。食材は地元農家などが提供。右下/提供された離乳食。左下/ベビー服などの支援品
上/離乳食を頬張る乳児。食材は地元農家などが提供。右下/提供された離乳食。左下/ベビー服などの支援品

 産後と乳幼児を持つ母親をサポートする施設「助産院mamana.house」が4月19日、倉見(599の2)に誕生した。助産院だがお産は扱わず、全国でも珍しい離乳食を無料で提供する「赤ちゃん食堂」や産前産後ケアなど、育児の不安を解消する「母子の駆け込み寺」を目指す。

 代表を務めるのは、町内在住の助産師・菊地愛美さん(35=人物風土記で紹介)。湘南地域の総合病院や産院で働くなか、コロナ禍で思うような支援を受けられず孤立する母親たちを間近で見てきた。自身も出産したばかりだったが、「"孤育て"をさせない。助産師としてママや子どもたちを守りたい」と、強い使命感を持って仲間の母親たちと動きだした。

広がる支援の輪

 特にこだわったのが、離乳食期の母親と子どもが集い孤立を防ぐ「赤ちゃん食堂」の実現だった。場所の確保や絶え間ない支援を続けるための方法など、さまざまな困難にぶつかったが、菊地さんの「熱量」に、農家や企業から食材の提供がされるなど、次第に支援の輪が広がっていった。

ママたち「こんな場所が欲しかった」

 開業2日目、初開催の「赤ちゃん食堂」には6組の母子の姿があった。そのうち5組は町内在住。「コロナ禍で面会もできずさみしい出産だった」「交流場所にも気軽に行けず、日中誰とも会話しない日がある」など悩みや不安を吐露するなか、全員が「こんな場所が寒川にも欲しいと思っていた」と口を揃える。

 「貧困、産後うつ、虐待が多くあるのは、サポートできる場所が少ないことが原因のひとつだと思う。ママたちが"欲しい"と思う支援を続けたい」と菊地さん。

 なお、同院では現在、クラウドファンディングに挑戦している。

話に花が咲く
話に花が咲く
クラウドファンディングの詳細はこちら
クラウドファンディングの詳細はこちら

寒川版のローカルニュース最新6

「幸運よ、鯉!」

「幸運よ、鯉!」 文化

寒川神社のおみくじが人気

8月5日号

球児が熱戦

冬のヒマワリ咲かせましょ

町社協HPリニューアル

町社協HPリニューアル 社会

「見やすい」と好評

8月5日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

7月30日

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

 地域づくりの拠点目指す

8月5日号

宗次郎さんオカリナ公演

チケット販売中

宗次郎さんオカリナ公演 文化

寒川町民センターで10月9日開催

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook