寒川版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

シャクヤク全国へ 大谷芍薬園「朝5時から収穫」

社会

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
収穫したばかりのシャクヤクと園主の大谷さん(写真提供/JAさがみ)
収穫したばかりのシャクヤクと園主の大谷さん(写真提供/JAさがみ)

 贈り物としての人気も高い、華やかな大輪を咲かす「シャクヤク」。

 1933年からシャクヤクを栽培している大谷芍薬園(田端)でも、4月下旬から5月上旬まで最盛期を迎え、連日出荷作業に追われている。

 園主・大谷光昭さん(81)の畑では、約30種類のシャクヤクを栽培。スタッフらとともに朝5時から収穫を始め、その日のうちに市場への出荷や全国発送されていく。

 真っ赤な紅系も根強い人気があるが、「最近は白から薄紅色の淡い品種も人気」と大谷さん。「みんなが喜んでくれるから大切に育てていきたい」と笑みをこぼした。

 詳細はウェブ「大谷芍薬園」で検索を。

寒川版のローカルニュース最新6

「幸運よ、鯉!」

「幸運よ、鯉!」 文化

寒川神社のおみくじが人気

8月5日号

球児が熱戦

冬のヒマワリ咲かせましょ

町社協HPリニューアル

町社協HPリニューアル 社会

「見やすい」と好評

8月5日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

7月30日

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

 地域づくりの拠点目指す

8月5日号

宗次郎さんオカリナ公演

チケット販売中

宗次郎さんオカリナ公演 文化

寒川町民センターで10月9日開催

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook