寒川版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

「海まで乗っトゥク?」 茅ヶ崎で無料乗車サービス

社会

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 最近、ひときわ目を引く、青と黄色の車両が茅ヶ崎市内に出没している。そう、東南アジアではお馴染みの三輪バイク「トゥクトゥク」だ。のぼり旗に記されている「無料乗車やってます」のフレーズが気になり、運転手を突撃した。

 車両背面に「トゥクトゥクモンキー」という看板を掲げ走行しているのは、茅ヶ崎市在住の煤賀(すすが)正人さん(42)。横浜で会社役員を務める傍ら、土日に限り無料乗車サービスを行っている。「単純に自分がトゥクトゥクを運転したくて。でも、どうせ走るなら、たくさんの人を乗せた方が楽しいなと思った」。入念に手入れされたピカピカの車体を眺めながら、宝物を自慢する少年のように笑う。

 トゥクトゥクは、日本の道交法では「側車付きオートバイ」に分類される。陸運局で手続きをすれば、ナンバーが交付され、普通自動車免許で一般道や高速道路の走行が可能だ。しかし、「タイのようなタクシー営業はできません。運賃はもらえないので、やむなく無償でのサービスになりました」

 2年前にタイ旅行で体感した走行時の開放感や爽快感、遊び心のあるフォルムに心を動かされたという煤賀さん。帰国後、元同僚で友人の渡邉伸和さん(38)に、茅ヶ崎でトゥクトゥクを走らせる夢を語り続けた結果、共同出資という形で、昨年9月、念願の7人乗りを手に入れた。

 昨年冬から、流し走行で乗車サービスを展開。市内外から「見慣れた風景が”非日常”になる」と人気を集める。インスタグラムで活動の様子や週末の走行状況を発信中。「乗車希望の方はインスタのDMで連絡を。タイミングが合えば乗車できます」

▲詳細はこちら
▲詳細はこちら

寒川版のローカルニュース最新6

「幸運よ、鯉!」

「幸運よ、鯉!」 文化

寒川神社のおみくじが人気

8月5日号

球児が熱戦

冬のヒマワリ咲かせましょ

町社協HPリニューアル

町社協HPリニューアル 社会

「見やすい」と好評

8月5日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

7月30日

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

 地域づくりの拠点目指す

8月5日号

宗次郎さんオカリナ公演

チケット販売中

宗次郎さんオカリナ公演 文化

寒川町民センターで10月9日開催

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook