寒川版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

寒川町 新婚さんの写真を表紙に 記念広報誌を贈呈

社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
フォトフレームに入った記念広報誌
フォトフレームに入った記念広報誌

 寒川町は6月から、婚姻届やパートナーシップ宣誓書を提出したカップルに、好きな写真を広報誌の表紙にあしらった「オンリーワン記念広報誌」をお祝いの記念品として贈呈する事業を開始した。町によると、全国初の試みになるという。

 寒川町が2018年から展開しているブランドスローガン「『高座』のこころ。」で掲げる「優しさや温かさ」を体現化する取り組みの一環。公の刊行物の表紙を自身が飾るという「特別感」を付加価値として加え、町のホスピタリティを添えた、寒川町独自のサービスとして提供していきたい考えだ。

 対象は、今年4月1日以降に婚姻届またはパートナーシップ宣誓書を提出した2人。

 記念品は、特別仕様の専用ボックスに、「オンリーワン広報誌・フォトフレーム・メッセージカード」を添えて郵送される。届出した月の広報誌が使用され、複数部を贈呈。両親や友人などへの報告用にも使えるものだという。

 婚姻届・パートナーシップ宣誓書の提出先という立場から、町は「1番最初に“おめでとう”を言える。事務的な作業ではなく、この素敵な瞬間を思いきりお祝いしたい」と話した。

 ここ数年、町内の年間婚姻届数は180件前後を推移。今年度は200組分111万3千円の予算を計上している。

寒川版のトップニュース最新6

「好きな食べ物」がアートに

「好きな食べ物」がアートに 教育

給食センターの壁に設置

8月5日号

65歳以上に1万円支給

寒川町コロナ対策

65歳以上に1万円支給 経済

町共通商品券を予定

8月5日号

そろばん大会で4冠

寒川中3年魚野秀仁さん

そろばん大会で4冠 教育

「自信はあった」

7月22日号

寒川で大河トーク

梶原景時役中村獅童さん

寒川で大河トーク 文化

3,000人超が応募

7月22日号

23年度に都市計画決定へ

ツインシティ橋

23年度に都市計画決定へ 社会

知事「整備着実に推進」

7月8日号

熱中症 前年の4.4倍

茅ヶ崎市消防管内

熱中症 前年の4.4倍 社会

猛暑で救急搬送相次ぐ

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook