寒川版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

ウクライナ難民 有志の支援受け実現 オルハさん 茅ヶ崎市民に

社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
茅ヶ崎市民となったオルハさん(左から3番目)とダニエルさん(右から3番目)ら=5月17日、茅ヶ崎市役所
茅ヶ崎市民となったオルハさん(左から3番目)とダニエルさん(右から3番目)ら=5月17日、茅ヶ崎市役所

 ロシア軍の侵攻で避難を余儀なくされたウクライナ人たちの受け入れが国内で進む中、同国クルィビリーフ出身のオルハ・ティシェンコさん(28)が5月17日に住民票を提出し、茅ヶ崎市民となった。市内のボランティア団体有志らの連携支援が実を結んだ。

 ロシア軍の侵攻が始まり、オルハさんは仕事を失い、家にこもる日々が続いた。居住地域がいつ戦闘に巻き込まれてもおかしくない状況にあることを考慮し、3月中旬に友人と共にポーランドに脱出。現地では食事や通信など手厚い支援を受けられていたというが、支援継続への懸念や、ロシアの隣国であるため攻撃のリスクは避けられないことから、別の居住先を模索していた。

 その後、ウクライナ難民を支援するウェブサイトに支援者登録をしていた大学教授のダニエル・ドーランさん(茅ヶ崎市在住)と知り合い、自身が置かれた現状を伝えるなど交流が始まった。

 出国の際にはダニエルさんがビザ手続きの身元保証人となり、渡航費を支援する形で来日が実現。入国後は、ダニエルさんが所属するボランティア団体の仲間が暮らす横須賀市内の住居で数日過ごした後、都営住宅で日本での生活を始める予定だった。

偶然の出会いで進展

 そうした中、偶然の出会いからオルハさんの環境に変化が表れる。ダニエルさん夫妻と4月に茅ヶ崎の飲食店を訪れた際、ウクライナの支援を検討していた奉仕団体・茅ヶ崎中央ロータリークラブ(RC)の有志らと出会ったことが契機となり、茅ヶ崎で生活する上でのさまざまな支援が受けられるように。オルハさんは「人々の温かさに感激した」と、この地で暮らすことを決めた。

 住民票を提出した5月17日には、同RC有志の協力もと市役所を訪問し、佐藤光市長らと面会した。オルハさんは「言葉では言い表せないくらいのありがとうの気持ち」と話す。

近隣市町連携で支援を

 今後について、同RCの當間安弘さんは「市内3つのRCをはじめ、近隣の寒川町、綾瀬市らとも連携して支援していきたい」と意気込む。

 ダニエルさんは「難民一人一人それぞれ事情が違う」とし、「個々に一番良い方向に導けるよう、たくさんの選択肢を提案できるようにしたい」とした。

寒川版のローカルニュース最新6

「幸運よ、鯉!」

「幸運よ、鯉!」 文化

寒川神社のおみくじが人気

8月5日号

球児が熱戦

冬のヒマワリ咲かせましょ

町社協HPリニューアル

町社協HPリニューアル 社会

「見やすい」と好評

8月5日号

茅ヶ崎市博物館がオープン

7月30日

茅ヶ崎市博物館がオープン 文化

 地域づくりの拠点目指す

8月5日号

宗次郎さんオカリナ公演

チケット販売中

宗次郎さんオカリナ公演 文化

寒川町民センターで10月9日開催

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook