平塚版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

文化財 地域で守れ 光明寺で消防訓練

本堂に向かって放水する団員
本堂に向かって放水する団員

 南金目の光明寺で24日、市の消防団員や消防署員らによる消防訓練が行われた。文化財防火デー(26日)に合わせ、市内の寺社で毎年実施しているもの。

 訓練は本堂からの出火を想定して行われ、約50人が参加。初期消火や館内に残された人の避難誘導、団員到着後の放水作業など、本番さながらの消火活動が繰り広げられた。

 消防団長の二宮高見さんによると、分団の合同訓練は年に数回しかないという。今回は7つの分団で組織される西消会が訓練にあたり、団員同士の連携を深め合う機会となったようだ。

 消防署警備課の吉川豊課長は「初期消火の徹底や延焼防止のためには、分団や地域住民の力が欠かせない。訓練を見学していた人たちの間でも防火意識が高まってくれれば」と話した。

 訓練を見守っていた大久保良允(りょういん)住職は「ヘルメットは持っていましたが、被ったのは初めて。多くの方に協力して頂きありがたく思います。今後も火災を起こさないよう、日頃から努めていきたい」と感謝していた。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク