平塚版 掲載号:2011年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

声を合わせて 「イチ・ニ・サン」

桜でんぶが加わると歓声はより大きくなった
桜でんぶが加わると歓声はより大きくなった

 市内下島の美里・柿の実こども園(新藤輝園長)の園児たちが3日、長さ5mの恵方巻きづくりにチャレンジした。

 この日は3〜5歳の園児のほか、母親や先生、職場体験に訪れた横内中学の生徒も参加した。巻き簾の上に海苔が並ぶと待ちわびた園児たちは大はしゃぎ。不慣れな手つきながらもご飯を敷き詰め、細く切った卵焼きとウィンナーやきゅうりを夢中になって並べ、最後は元気な掛け声で呼吸を合わせて慎重に巻き上げた。完成した恵方巻きに園児らは「スゴ〜イ」「早く食べたい!」と感想を口にした。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク