平塚版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

子 宮頸がん 予防ワクチン助成スタート 3月1日から、高校1年生等対象に公費負担

 平塚市は3月1日から、子宮頸がん予防ワクチン接種の助成を一部スタートする。3月31日までの期間中、高校1年生(平成6年4月2日から平成7年4月1日生れ)に相当する女子は、市指定の医療機関で公費による接種を受けられる。

 市は3月補正予算案に接種事業費約600万円を計上。今年度から初めて、子宮頸がんに関する公費助成が行われる。市内対象者数は約1200人。

 市保健センターによると、子宮頸がんは国内で20〜30代を中心に増加し、年間約1万5千人が発症している。原因となるウイルスに感染する前の若い世代はワクチン接種することにより、発症をより効果的に予防できるという。個人負担による接種費用は、1万5千円程度とされている。

 接種対象者は実施医療機関に直接申し込む。詳細は平塚市保健センター【電話】0463(55)2111
 

平塚版のトップニュース最新6件

「逃げ地図」で津波避難を

「クレカ納税」スタート

平塚市

「クレカ納税」スタート

3月15日号

農業大臣 市内を視察

リトアニア共和国

農業大臣 市内を視察

3月8日号

下りエスカレーター検討へ

平塚駅北口

下りエスカレーター検討へ

3月8日号

クラウドで資金調達

平塚市博物館

クラウドで資金調達

3月1日号

秋山博の功績を紙芝居に

金目エコミュージアム

秋山博の功績を紙芝居に

3月1日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク