平塚版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

互助の輪 市民で広げろ 市民団体が緊急防災集会

防災集会の様子
防災集会の様子

 東日本大震災の被災者に向けた支援や、市内の地域防災の輪を広げようと、市民団体や業界団体らが21日、『緊急防災集会/私たちは今、何をなすべきか』と題した会合を、商工会議所を会場に開いた。

 当日は、防災関連の市民団体をはじめ、自治会、商店街組合、飲食業組合、理容組合、福祉施設の関係者ら、約100人が出席した。

 出席者は、各団体が被災地への募金活動を協力して進めることや、防災力強化に必要なことを確認し合った。また、参加団体が連携して被災地支援や地域防災にあたるとして、『災害から未来を守る平塚』(能勢康孝代表=ナパサクラブ会長)の設立も決められた。

 会議では「阪神淡路の際は、亡くなられた方の9割が家屋や家具の下敷きになっている。耐震補強や家具の固定を広めたい」、「被災時に要援護者を救済できるよう、誰がどこに住んでいるのかを地域で把握しておかないと」、「隣近所がいざという時に声をかけあえる関係にならないと」などの意見が寄せられた。

 能勢代表は、「こういう時だからこそ、自分たちのまちの備えについて考えなければ」と話していた。

 次回の緊急防災集会は3月26日、市民活動センターで開かれる。10時~。入場自由。詳細は、『災害から未来を守る平塚』事務局【電話】0463(32)4751

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク