平塚版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

高まる防災意識市民のアイデアきらり

社会

取材に応じてくれたメンバー
取材に応じてくれたメンバー

 11日に発生した東日本大震災を受け、市内の様々な団体による防災の啓発活動が広がりを見せている。ダンボールを使った簡易トイレや、保存食をおいしく食べる方法、牛乳パックで作る家具固定器など、市民目線のユニークな発想で行われている取組みを取材した。

ダンボールで作る簡易トイレ

 「ダンボールとガムテープで衛生的な簡易トイレが手軽に作れる」という取組みを行っているのが、市内で活動している女性防災クラブ「平塚パワーズ」だ。

 同団体は、阪神大震災を受けて市が開催した「女性防災リーダー育成研修」から誕生した。地域の防災訓練や市内のイベント等で講演や防災グッズの紹介、応急手当や搬送法などの啓発活動を行っている。

 3月6日には仙台市で行われた「災害に強いコミュニティーのための市民フォーラム」に招かれていた。その時に披露した簡易トイレの作り方が聴講者に好評で、担当職員からも「ぜひ詳しい作り方を教えて欲しい」と言われていたという。

 その5日後、震災が起こった。何とか連絡が取れないかと試みてみたが電話は繋がらず、フォーラムで関わった人たちの安否もわからないまま。ようやく連絡が取れてホッとしたのもつかの間、開口一番言われたのが「この前のトイレの作り方をすぐに送って欲しい」。すぐに資料を作成し、データを転送した。

 「災害時に水や食料などと並んで重要になるのが、実はトイレの問題」と菅野由美子会長は話す。頑丈なダンボールトイレは大人が座っても潰れず、ビニール袋や吸水性のあるオムツ、ペットトイレ用の砂などを併用すれば繰り返し使うことが出来る。今回、その重要性を再認識したメンバーは「今後も知恵を出し合い改良して、より皆さんに知ってもらえるよう努力したい」と話している。詳細は市防災危機管理課【電話】0463(21)9734

保存食をおいしく食べる

 平塚市料理飲食業組合連合会は19日、松風町自治会の催しにあわせ、平塚市備蓄保存食の試食会を開いた。

 同連合会では地域の防災訓練などに参加し、乾パンを牛乳や玉子に浸してプリンのようにしたり、フリーズドライのスープに野菜や赤ワインを入れて味付けしたりと、保存食の美味しいレシピを紹介している。

 当日、エプロン姿で保存食を振舞ったのは、市内で仏料理店を営む尾鷲幸男さん。「辛い避難所生活ではせめて食事だけでも楽しく」と語る。口にした住民の反応も上々で、あっと言う間に空となった鍋を前に目尻を下げていた。詳細は同連合会事務局【電話】0463(32)7792

牛乳パックで家具固定

 牛乳パックの家具固定器具の作り方を紹介する講習会が25日、開かれた。作り方は実に簡単。まず牛乳パックを側面だけ残して切り開き、三角柱を作る。これをダンボール箱に詰めれば出来上がり。高い棚の上に乗せて天井との空間を埋めれば、地震で揺れても棚が倒れないというわけだ。

 指導した市民団体、『災害から未(あ)来(す)を守る平塚』の渡邊豪さんは、親交のあった東京大学の教授からこの方法を教わったという。「明日からでもできる効果的な防災法です」と胸を張る。

 同様の講習は4月1日にも、ひらつか市民活動センターで行われる。時間は10時から。参加自由。カッターかハサミを持参。

緊急時に役立つ「救急法の基礎」

 日赤神奈川県支部平塚市地区による赤十字救急法基礎講習会が4月17日(日)、中央公民館で行われる。時間は正午から16時。実施団体は市赤十字奉仕団。

 講習内容は実技と学科があり、心肺蘇生法・AEDの使用法・気道異物除去などの一次救命処置を学び、救急法の知識と技術を身につける。申込は4月4日まで。(問)平塚市福祉総務課【電話】0463(23)1111
 

ダンボールとガムテープだけで作れる簡易トイレ。大人が座っても潰れないくらい頑丈で繰り返し使うことが出来る
ダンボールとガムテープだけで作れる簡易トイレ。大人が座っても潰れないくらい頑丈で繰り返し使うことが出来る
ひと味加えたシチューを振舞う尾鷲さん(右)
ひと味加えたシチューを振舞う尾鷲さん(右)
男性が乗っても壊れない頑強さも自慢だ
男性が乗っても壊れない頑強さも自慢だ
赤十字救急法基礎講習会
赤十字救急法基礎講習会

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク