平塚版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

市民税10%減税改革は減税から始まる!

 東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

   ※ ※ ※

 被災地復興への歩みのなか、一部で増税の議論がありますが、復興支援に充てる税金と、私たちが主張する「減税」すべき税金は、まったく別のものです。

 復興支援に充てる税金についても、たとえば被災地の消費税を減免するなど、増税と減税の効果を最大限に発揮させていかなければなりません。

 河村たかし名古屋市長が代表を務める「減税日本」は、減税こそ行財政改革の始まりである、という主張をしています。

 納められた税金を当たり前のように使い切り、不足すれば借金で賄う、というこれまでの行政のあり方を根本から改善するために、「減税」を実施します。

 ここ平塚市では、市民税を10%減税すると、約16億円が市民の手元に残ります。それを復興支援に充てるのも、祈りと願いを込めた「七夕まつり」を行うことで被災地への激励メッセージとして送るのも、私たち自らの判断で選ぶことができます。

   ※ ※ ※

 地域の誇りとして、東日本復興を共に願う「友情のあかし」として、私たちの手で「七夕まつり」を盛り上げていきましょう!昨年以上の七夕まつりを実現しましょう!そのために、この趣旨に賛同していただける方が集まって、大きなうねりを起こしたいと思っています!ぜひご参加下さい。
 

名古屋市長 河村たかし代表
名古屋市長 河村たかし代表

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク