平塚版 掲載号:2011年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

不安の声に放射線測定 58施設全て制限値を下回る

測定を行う市担当職員
測定を行う市担当職員

 福島第一原発の事故による住民の不安を解消するため、平塚市は1日から4日、市立の幼・保育園と小中学校、計58施設のグラウンドで可搬型線量計を用いて放射線測定を行った。福島県内のグラウンドの汚染報道により、市民から不安の声が寄せられていたという。

 測定地点ごとの平均値は地表から高さ50cmでは、毎時0・03〜0・10マイクロシーベルト、高さ1mでは毎時0・02〜0・09マイクロシーベルトだった。最大放射線量は毎時0・11マイクロシーベルトで文部科学省が示している屋外活動の制限値毎時3・8マイクロシーベルトを全ての測定地点で下回った。詳細は市HPに記載されている。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク