平塚版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

公立1園で「日曜保育」 夏の電力不足 就業形態の変更に向け

 夏の電力供給不足に対する企業の就業時間の変更に向けて、平塚市は公立保育園1園での日曜日保育を行うと、23日に発表した。

 市内では、日産車体(株)が7月から9月まで、休業日を土曜・日曜から木曜・金曜に振り替えるという方針を示すなど、各企業が夏の節電対策のため操業時間を変更することが見込まれる。

 平塚市は6月中旬、公立保育所10園と民間保育所23園(総児童数3500人)を対象にアンケートを行った。勤務形態に変更があり、祖父母等に預けられないと答えた人は316人で、日曜保育を希望する人は111人いた。

 平塚市ではこの結果を受け、7月からの3ヵ月間、しらさぎ保育園(東中原2丁目)で日曜保育を実施することを決めた。時間は午前7時から午後6時、保育料は1時間500円。詳細は、市こども家庭課【電話】0463(21)9612
 

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク