平塚版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

松原小 石巻市児童を招待 1泊2日 子供同士で元気に交流

社会

 東日本大震災の被災者を子供同士の交流を通じて元気付けようと、松原小学校の5年生74人が18日と19日、石巻市立橋浦小学校の武山竜生くん(小6)・沙莉さん(小4)兄妹と、武山泰晟くん(小1)を迎え、気分転換の時を提供した。

 3人を招いたのは、建築業者から提供された不要木材をネット販売している市民団体、モッタイ材ドットコム。同団体の大垣明弘さんらは、端材で作った積み木に、市内とその周辺地域の子供達に応援メッセージを書き込んでもらい、被災地に届けるという支援活動を行っている。

 松原小の子供達も、大垣さんらの取り組みに当初から賛同し、石巻市と東松島市の小学校に向けて直筆のエールを送っていた。

 松原小の児童は、石巻市からの来訪を心待ちにしていた様子。楽しんでもらうための趣向を事前に話し合って準備したという。初顔合わせとなった18日には、校内の体育館で二人三脚リレーなどのゲームに興じて交流を温め、夜はびわ青少年の家で宿泊。翌日には、茅ヶ崎アロハスフェスタなどを見学した。
 

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク