平塚版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

平塚警察署長に就任した 岩倉 利光さん 警視正 市内在住 55歳

平塚警察署の「顔」として

 ○…「約20年前と比べて事件・事故が増加し、ずいぶんと忙しい署になった」と昔の平塚警察署を振り返る。30代の頃の数年間、同署で現在の地域課と警備課にあたる部署に勤務。今年9月8日、平塚警察署に「署長」として戻ってきた。これから同署で成し遂げたいことを「地域の防犯ボランティアの皆さんと協力して安心・安全のまちづくりに力を注いでいきたい」と力強く語る。

 ○…大学卒業後の3年間は食品会社に勤務するが、26歳の時、親戚に多くいた警察官の影響で転身を決めた。『正義感が強いから向いてると思う』。食品会社時代の上司にもよく言われたそう。初めて配属されたのは川崎警察署の交番。「とにかく目まぐるしかった。自転車泥棒をよく検挙したよ」と懐かしそうに話す。本部での警備部門が長く、17年間その業務を勤めた。約30年にわたる職歴の中で最も記憶に残っているのは、85年の日航ジャンボ機墜落事故。「機動隊として御巣鷹山に派遣された1週間。焼けたオイルの臭いや立ち上る煙を今でも鮮明に覚えている」と振り返る。

 ○…川崎市出身。家族を残しての単身赴任生活。「掃除や洗濯は苦手」と話すが、「学生時代に飲食店でアルバイトをしていたから、ある程度の料理は作れるよ」と食事の面では頼もしい。忙しい毎日の中で趣味の映画鑑賞が楽しみで、最近観た作品を訊ねると、「ハリーポッターだね」と手帳を取り出して笑顔。その姿からは几帳面さもうかがえる。また、十数年前から始めたガーデニングもリラックス方法のひとつだそう。

 ○…好きな言葉は『艱難辛苦 汝を玉にす』。「難しいことから逃げたりせず、警察の責務を常に頭に据えていたい」と、社会正義に立ち向かわんとする信念に揺らぎはない。「在任期間中に津波対策を見直し、減災対策を徹底していきたい」と、強い眼差しで話した。
 

平塚版の人物風土記最新6件

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

清田 宰宏さん

須賀史談会の会長として地域の歴史と今を記録する

清田 宰宏さん

3月1日号

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク