平塚版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

津波想定 134号線越えず 金目川下流や漁港付近で浸水の可能性も

社会

 神奈川県がこのほど発表した津波浸水予測図の素案。県によると、マグニチュード7・9とされる慶長地震をモデルとした予測図で、平塚市では、8m前後の高さにある134号線を越える浸水はほぼないとする一方、相模川河口の漁港付近や、津波が金目川を遡上した場合、JR東海道線架橋より下流域の一部が浸水する可能性もあるとしている。

 予測図の素案は東日本大震災の津波被害を受け、今年5月から有識者による検討部会で「最大クラスの津波で、最悪のケース」(神奈川県担当課)を想定して再検証されたもの。平塚市は「素案の確定を待って、津波ハザードマップの作成に着手する。4月以降になるが、出来るだけ早い時期に示したい」と話している。
 

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク