平塚版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

第30回東海大学外国人留学生によるスピーチコンテストで学長賞を受賞した トリッティマー ルキッラックさん 東海大学大学院2年 25歳

心の「どこでもドア」開ける

 ○…「『そうですね』という日本語、いいですね」。スピーチコンテストの途中、次に話すべき言葉を一瞬忘れてしまったが、とっさに思い出した「そうですね」で場をつなぎ、乗り切った。出場3回目にしてつかんだ悲願の優勝。「達成感でいっぱいになりました」と、笑顔がはじける。観客の投票によって決まる特別賞も受賞した。「建前ではなく、人がきちんと評価してくれた賞。すごくうれしかった」。

 ○…10歳のとき、母国のタイで放映されていた”ドラえもん”に夢中になった。「原作者は何て頭がいいのだろう。こんなふうに頭がよくなるには、勉強するしかない」。そして、いつしか日本の教育を受けたいと思うようになった。18歳で留学し、日本語学校を経て東海大学に入学。現在は、同大学院で日本語教育学コースを選択している。「ドラえもんのおかげで、日本に来ることができました」。

 ○…スピーチのテーマは大好きなドラえもんにあやかり、「どこでもドアはどこかな」。どこでもドアを心の扉に見立て、人と人とが繋がることの大切さを伝えた。日本に来て間もない頃は、外見は日本人に見られるため、話すと相手の態度が変わるのが嫌で心を開けなかった。だが、「日本語が上手くなるためには、自分から話しかけなければ」と奮い立ち、殻を破った。積極的に「どこでもドア」を開くことで、人と心が通う。自らの経験を踏まえて語ったスピーチには、「暗いニュースが多い中、皆を明るくしたい」との思いが端々に滲(にじ)んだ。

 ○…来年はいよいよ卒業。就職先は、バンコクの国際交流基金に決まっている。「留学を心配していた親を、やっと安心させることができます」。去るのが名残惜しくもある日本。もうひとつ、好きな言葉がある。相手に対して、『頑張ったね』という意味が込められていて、いい表現なのだという。帰り際、お辞儀をしながら丁寧に言った。「今日はお疲れ様でした」。
 

平塚版の人物風土記最新6件

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

清田 宰宏さん

須賀史談会の会長として地域の歴史と今を記録する

清田 宰宏さん

3月1日号

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク