平塚版 掲載号:2012年2月23日号

2012年度当初予算案

一般会計 過去最大の規模 政治

三大事業の着手で884億円に

 落合克宏市長は16日、2012年度当初予算案を発表した。一般会計の予算規模は、新庁舎と環境事業センター、市民病院のいわゆる三大事業に142億円を投じるなど、過去最大の884億円(前年度比79億6千万円増)に膨らんだ。

 一方、歳入の根幹をなす市税収入は、法人市民税が前年度から25%、10億6千万円減収の見通しで、全体では前年を17億5千万円下回る413億4千万円を見込んでいる。

 財源不足の補填には、財政調整基金を4億7千万円取り崩すほか、市債102億3千万円(前年度比39億円増)を発行する。12年度末の市債現在高の見込みは542億8千万円。

 こうした厳しい財政状況を受け、落合市長は「行財政改革に積極的に取り組む」と話し、専門機関と連携した事業仕分けや職員手当の削減、学校給食や証明発行業務の外部委託、ひらつかアリーナのネーミングライツなどを施策に挙げた。
 

平塚版のトップニュース最新6件

高橋君「次は甲子園」

ベイスターズジュニア

高橋君「次は甲子園」

1月19日号

防災講演会に「語り部」登壇

感震ブレーカー配布開始

平塚市

感震ブレーカー配布開始

1月12日号

3年かけ業務を民営化

市民活動センター

3年かけ業務を民営化

1月12日号

「まちゼミ」で駅前を活性化

収穫本番 平塚イチゴ

<PR>

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク