平塚版 掲載号:2012年6月7日号

33年間、織り姫の衣装を寄贈し続けている

三留 千恵さん

平塚在住 83歳

織り姫輝かせ33年

 ○…1979年の七夕まつりから毎年、織り姫の衣装をデザインし、無償で提供している。芸能事務所から派遣されていたミス七夕(現・織り姫)が一般公募されるようになったのがきっかけ。「それまでの女優と違って、一般の子は自前の服で舞台に上がっていたの。綺麗なのに、無難な色やデザインの服が多いのがもったいなくて」。この子はこんなデザイン、あの子はこの色ならもっと映えるのに――。デザイナーの目線に「世話好き」と自称する性分が相まって、衣装寄贈を申し出た。

 ○…衣装のイメージは審査中に湧くそうだが、市制60周年の「還暦」に掛けて赤を使うなど、あらかじめテーマを決めることもある。デザインは選出された織り姫を見た時の直感が勝負。「衣装作りはスタッフと毎年楽しみにしてるの」と話す。任期を終えた後、連絡をくれる織り姫もいるそうで、「結婚式で着たという話は本当に嬉しかった」と満面の笑みをこぼす。

 ○…伊勢原で生まれ、結婚を機に平塚へ。現在は宮の前で洋装店「オートクチュール・ルナ」を営む。洋裁学校の教諭だったが、当時の洋裁学校は身体の不自由な生徒が多く、就職が難しいのが実情だった。「それなら自分が働く場を作ろう」と開業。従業員を家族と呼び、従業員からはお母さんと呼ばれる。「息が合わなければいいものは出来ない」と、我が子同様の付き合いを続けてきた。

 ○…好奇心旺盛で、ボランティア活動にも精力的。国際ソロプチミスト平塚で初代会長を務めた縁で、世界に交友関係が広い。海外の珍しい生地の仕入れに役立つこともあれば、従業員や常連を連れて遊びに行くこともある。「仕事をしながら遊び、遊びながら仕事をする。何事も楽しまなきゃ」。今回の衣装テーマは「ベルマーレカラー」。織り姫を輝かせ続ける魔法の手が、今年はどんな衣装を紡ぐのだろうか。
 

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版の人物風土記最新6件

高津 弘人さん

野鳥写真集「鼓動」を1月9日に出版した

高津 弘人さん

1月19日号

守屋 宣成(せんじょう)さん

(公社)平塚青年会議所の第59代理事長を務める

守屋 宣成(せんじょう)さん

1月12日号

樽木 章宏さん

2017年平塚市成人式の実行委員長

樽木 章宏さん

1月5日号

伊澤 聡さん

「第11回湘南国際マラソン」フルマラソン一般の部男子で優勝した

伊澤 聡さん

12月22日号

潮田(うしおだ) 隼人さん

神奈川県野球協会クラブ優秀選手賞を受賞した湘南ひらつかマルユウBBCの

潮田(うしおだ) 隼人さん

12月15日号

杉山 治男さん

神奈川県の銃砲刀剣類登録審査委員として活動する

杉山 治男さん

12月8日号

関連記事(ベータ版)

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク