平塚版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

看護に臨む決意の宣誓 専門学校で戴帽式

ろうそくの優しい光が生徒たちの希望の表情を映し出した
ろうそくの優しい光が生徒たちの希望の表情を映し出した

 湘南平塚看護専門学校(学校法人清水学園・清水裕理事長)が、今月22日、市中央公民館で戴帽式を行った。

 看護師としての自覚と責任を持つ意味を込めて、学生が実習に臨む前のこの時期に、出身校のナースキャップが贈られる。

 18期生となる2年生92人は、一人ひとり名前を呼ばれて、中野裕子校長からナースキャップを冠されると、「日々努力を重ね、仲間と共に看護師となることをここに誓います」と決意を新たにした。

 厳粛なムードの中、中野校長から「看護師としての未来はこれからです。共に看護の素晴らしさや良かったと思えるものを見つけ、成長していきましょう」とエールが送られた。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク