平塚版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

県西部でも数少ない血液内科― 医療レポート 丁寧な診察と治療を 取材協力/伊勢原協同病院

菊地副部長と武藤祥宏医師
菊地副部長と武藤祥宏医師

 白血病や悪性リンパ腫、再生不良性貧血など、血液やリンパに関する疾患を専門的に治療する血液内科。全国的に専門医の数が少なく、県西部にも数えるほどだという。地域の中核病院として、内科に今年4月から血液内科の専門領域を設けた伊勢原協同病院(高畑武司病院長)。副部長の菊地我子医師に話を聞いた。

 「血液の疾患は、患者さんがご自身で見つけるのではなく、検診などによって異常が見つかる場合が最も多くなります。当院では若い女性に多い鉄欠乏性貧血はもちろん、血液の腫瘍など難しい病気も多く、高齢者の罹患率も高いため、二度三度のしっかりとした説明、丁寧な診察・診療を心掛けています」と菊地医師。院内の各診療科をはじめ、地域のかかりつけ医とのスムーズな連携と、コメディカルスタッフの厚いサポートで診療にあたっているという。

 菊地医師は日本血液学会の血液専門医。大学病院との連携も強く、重要な最新情報を素早く得ることができるという。血液内科の治療は化学療法がメインとなる。「大学病院以外でしっかりとフォローの出来る病院は少ない。しっかりと時間をかけて治療をしていきたい」という。

 生活習慣とはあまり関係のない疾患が多いという血液内科。菊地医師は「定期健診などをしっかりと受けて、状態を知ることが第一。貧血や出血がしやすく止まりにくいなどで心配な場合は、当院内科の総合受付にご相談ください」と話す。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

「機動性の良さ、大雪に改めて実感」

知れば知るほどBMW【10】

「機動性の良さ、大雪に改めて実感」

2月15日号

劇活動から伝わる子供たちの成長

心身共に育てる

平塚めぐみこども園

心身共に育てる

2月15日号

難聴、放っておけば認知症のリスクに

内申点は指標に過ぎない

T&M講座 第21講

内申点は指標に過ぎない

2月8日号

用途に合わせスマホ体験

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク