平塚版 掲載号:2012年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

避難ビル 民間施設40件達す 南側住民の受け入れ数確保

社会

 大津波警報が発令された際、ビル所有者が地域住民の一時退避場所として建物共用部の使用を認める「津波避難ビルとしての使用に関する協定」について、平塚市は10日、協定を結んだ民間の津波避難ビルが40件に達したと発表した。

 市は昨年の東日本大震災以降、JR東海道線以南を中心に協定作業を急いでいた。市防災危機管理課によると、この民間施設40カ所と公共施設8カ所の避難ビルを確保できたことで、「東海道線以南の全住民、約4万人の受け入れ可能人数を数字上はクリアできた」としている。

 市では今後、南側地域の避難ビル確保を引き続き拡充させる一方、東海道線以北についても相模川沿岸部を中心に、避難ビルの協定を進めたいとしている。

 津波避難ビル協定は、3階建て以上などの要件を満たすビル所有者と、自治会、市の3者間で結ばれている。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク