平塚版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

小児科が新体制でスタート 医療レポート 地域の生活を支える医療へ 取材協力/伊勢原協同病院

池谷瑠都美医師・鶴丸靖子医師・中村英明医長杉山延喜部長・清水崇史副部長
池谷瑠都美医師・鶴丸靖子医師・中村英明医長杉山延喜部長・清水崇史副部長

 全国的に小児科医不足が叫ばれる現代、新生児から中学生までの様々な病気に対応する小児科への医療ニーズは年々高まっている。今年4月から新任医師5人を迎え、小児科をリニューアルした伊勢原協同病院(高畑武司病院長)。小児科・杉山延喜部長と新任医師の皆さんに話を伺った。

 「地域密着を大切にして、必要な医療を確実に提供したい。2次救急である当院がしっかり機能することで、地域の医療連携が円滑に進みます」と杉山部長。保育園や幼稚園、小学校など、子ども同士による感染を防ぐのは難しい面もあり、「心配事があれば、迷わずに受診してほしい」という。

 同院では、杉山部長をはじめ小児科専門医3人を含む5人全員が、同じ大学からの着任。また、2人の女性医師は育児中のお母さんでもあり、「お子さんは泣いてしまうこともありますが、お子さんと同じ目線に立っての診察や説明を心掛けています」と鶴丸医師、池谷医師は話している。

 同院小児科は24床のベッドを確保し、総合病院のメリットを活かした、各科と連携した体制を整えている。夜間・休日診療は、今まで通り秦野市との輪番体制で行われる。「まずは、今までと変わらない医療を提供していきます。診療では『笑顔』を大切に、分かりやすい説明を心掛けています。気になることがあれば、何でも言ってください。皆様の声を反映し、地域の生活を支えられる医療をめざしていきます」と杉山部長は話す。
 

伊勢原協同病院

伊勢原市桜台2-17-1

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク