平塚版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

大地の営みを知ろう 「平塚の地盤と活断層」展

左が、大きく見応えがある「液状化の剥ぎ取り標本」。右下には大小サイズの礫が並ぶ
左が、大きく見応えがある「液状化の剥ぎ取り標本」。右下には大小サイズの礫が並ぶ

 市博物館で、「平塚の地盤と活断層」展が行われている。7月30日まで。

 活断層の写真パネルや「13万年前の波食台の中礫」の実物、市周辺地域の「液状化の剥ぎ取り標本」などが展示され、東日本大震災で起きた市内の被害状況も写真で解説されている。東海地震や南関東地震などの、今後予想される地震の被害想定を示した表や、小麦粉とココアで表現した断層の模型など、ユニークでわかりやすい展示もある。

 29日には、同博物館の学芸員による講演会も予定されている。「地震と平塚の地盤―軟弱地盤と活断層―」をテーマに、平塚の地盤の特徴を地域ごとに解説するという。博物館講堂で10時から正午まで。参加自由。問い合わせは博物館【電話】0463・33・5111。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク